気付きと軌道修正

気付きと軌道修正

日曜日の朝にこのnoteを書いてます。

あの真夏日が嘘のように9月に入ってからは過ごしやすい気候が続いてて、毎朝の時間も気持ちよく過ごせています。
何かやるべきことが決まっていたら午前中に済ませられるものは済ませるようにしてて、だから朝の時間の使い方はすごく大事。
この暑くもなく寒くもない涼しい季節は色んなことが捗り助かってます。

たまに小雨が降ったりはしてるけど、夜なんかはその小雨の音を聞きながら美味しいお酒を飲んでると、いつもより気持ちよく酔えたり。
逆に悲しいとき寂しいときの雨音は、その気持ちをもっと濡らすのに。
不思議だよね。

環境によって気分や行動は変わるし、その逆もあるんだと思う。

どんなに自分の芯をしっかり持とうとしても、周りの環境によっていつの間にか気持ちごと流されてること、僕にもあります。

「あ、今よくない方に流されてるな…」ってこと、誰でもあると思うし。
というかほとんどのことはそれに気付いてるのに見てみぬふりしてて、人の弱い部分ってそこから生まれてくるものが多いような気がします。
流されそうになったり少しだけ流されることは悪いことじゃなくて。

大切なのは「気付き」だけじゃなく「軌道修正」できるかどうか。

「あんなところにまで気付けてすごいな」じゃなくて「あそこまで積み上げたものをすぐに軌道修正できて勇気があるな」
そんな風に言われるようになったら、人としてもう一歩前に進めるような、そんな気がしています。 

本当に芯がある人は、変わり続けられる人なのかもね。

マオ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マオ

サポートしていただいたお気持ちは、詩人マオとしてみんなと一緒に叶えたい大きな夢の為に、大切に使わせていただきます。 詩の感想、応援メッセージ、今後書いてほしいテーマなども一緒に添えてくれたら励みになります。 受け取ったメッセージは必ず読ませていただきます。

おれもスキ!!
ここでは日々僕に芽生えた「詩の種」をまいていきます。 それを受け取ってくれた読者のみなさんは 自分だけの「詩の花」を咲かせて、そして大切に育ててくれたら嬉しいです。