新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

これらの天然物質は、「コヴィッドワクチン・スパイクタンパク質」を中和する!

mayuLoveQ_17⭐️⭐️⭐️

テレグラム.QArmyJapanFlynn.公式チャンネルより、QAJF隊員さんの情報を共有させて頂きます。

🍀これらの天然物質は、コヴィッドワクチン・スパイクタンパク質を中和する。🍀
2022年5月11日(水) 投稿者:イーサン・ハフ

この記事には著者の意見を反映した記述が含まれている場合がある。このリンクを共有することにより検閲を回避する。

武漢コロナウイルス(Covid-19)の「ワクチン接種」を受けた人は、世界で45億人以上と推定されている。しかし、彼らの多くは現在、「長い」コヴィッドに悩まされている。これは、ワクチンに含まれる(ウイルスベクター)スパイクタンパク質や(mRNA)産生されるスパイクタンパク質による持続的なダメージが原因である可能性がある。
https://naturalnews.com/2022-05-11-natural-substances-neutralize-covid-vaccine-spike-proteins.html
コヴィッドワクチンのスパイク蛋白はS蛋白とも呼ばれ、体内のACE(アンジオテンシン変換酵素)受容体に結合してウイルスの細胞侵入を可能にするだけでなく、もっと多くの害を及ぼすのである。コヴィッドワクチン・スパイクタンパク質は、肺、ミトコンドリア、循環器系を含む他の多くの細胞組織と相互作用することが判明した。

この攻撃は、体の多くの複雑な仕組みにあらゆる種類の健康被害をもたらす。そして、メッセンジャーRNA注射(ファイザー・バイオンテックとモデルナ)の場合、スパイク・タンパク質は最初のワクチンの後、ずっと体内で製造され続ける。

私たちは今、ワクチンのスパイクタンパク質が事実であることを知っている。

- 肺細胞(肺胞、肺内皮細胞を含む)を損傷する
- ミトコンドリアとDNA構造を損傷する
- 心臓血管の細胞を損傷する
- 血栓のリスクを増加させる
- 脳細胞の損傷
- 炎症の促進
- 免疫を抑制する
- 癌のリスクを増加させる

プレプリントリポジトリ「bioRxiv」に掲載された2021年の論文では、スパイクタンパク質が腎臓の1型触媒受容体を腎臓細胞組織で増加させ、腎臓がファウチインフルエンザに感染しやすくなることを発見している。

スパイクタンパク質は、小腸の細胞に、病原体から身を守るL-SIGN(肝臓/リンパ節特異的細胞内接着分子-3つかみ非インテグリン)受容体を大量に刺激するようになる。問題は、癒着が大量に発生した後、小腸がウイルスに感染しやすくなることである。同様に、スパイク蛋白は肺のDC-SIGN受容体の増加を誘発し、肺に炎症症状を引き起こす。

「さらに、スパイクタンパク質は、臓器の異なる程度の酸化を引き起こし、より多くの細胞の早死にを導き、体を高酸化状態にし、癌のリスクをさらに高める可能性がある」と、エポックタイムズ紙は報じている。

米国心臓協会雑誌(JAHA):スパイクタンパク質は肺胞細胞壁を厚く固め肺機能に悪影響を与えることが判明した。また、エネルギーを生産する肺細胞のミトコンドリアも阻害している。長引くコヴィッドの症状は、実はスパイクタンパク質がミトコンドリアを傷つけ、エネルギー生産を阻害している可能性がある。その結果、人によって異なる異常や健康障害が連鎖的に発生するのである。

おそらく最も恐れられているのは心血管系の障害で、スパイクタンパク質の存在によってそのリスクは大幅に上昇する。スパイク蛋白に触れると血栓のリスクが非常に高まるため、多くの「完全なワクチン接種者」が心筋炎や心膜炎などの症状を引き起こしているのだ。

【スパイク蛋白の被害から身を守るには次のような方法がある】
もしあなたやあなたの知り合いが武漢コロナウイルス(Covid-19)の「予防接種」を受けて、今になって後悔しているとしても、すべての希望が失われるわけではない。以下のビタミンとハーブは、スパイク状のタンパク質とそれらが体に与えるダメージを中和するのに役立つことが科学的に証明されている。

世界保健機関(WCH)は、以下の免疫強化化合物を推奨している。これらは、ワクチンのスパイクタンパク質を排出し、それらが引き起こす症状を改善するのに役立つと思われる。

ビタミンC
ビタミンD
オメガ3脂肪酸
ケルセチン
メラトニン
亜鉛

N-アセチルシステイン(NAC)は、強力な抗炎症作用があり、さらにスパイク状のタンパク質の損傷から体を保護するのに役立つ。
また、低ヒスタミン食は、サイトカインストームと呼ばれる免疫系の過剰反応と体への害を防ぐのに役立つ。
症状の改善に役立つ一般的な薬物には、以下のようなものがある。

アスピリン
抗ヒスタミン薬
ステロイド
コルヒチン
肥満細胞安定化剤
イベルメクチン

アスピリンは血液をサラサラにする効果があり、血栓や多くの人が悩んでいるファウチインフルエンザ予防注射の血栓のリスクを軽減する。

抗ヒスタミン剤は、NACと同様に、免疫系の過剰な活性化を防ぎ、他の薬剤は炎症を最小限に抑えるのに役立つ。

イベルメクチンは、癌を含む様々な健康状態に対する強力な治療薬である。また、多くの人にとって、ファウチインフルエンザを駆除するものでもあるのだ。

【植物界では次のような物質がスパイクタンパク質の阻害剤となっている】
セルフヒールエキス
松葉エキス
タンポポ葉エキス
リウムエモディム

ニームもイベルメクチンと同様、スパイクタンパク質の阻害剤。
スパイクタンパク質の中和剤としては、以下のハーブや物質が、注射によるダメージの回復に驚くほど期待できる。

NAC
グルタチオン
フェンネル茶
アニス茶
松葉茶
セントジョーンズワート
紫根
ビタミンC

「松葉に含まれるシキミ酸など、これらの成分の中には抗酸化作用があり、体内の酸化したフリーラジカルを減らしてデトックス効果をもたらすものがある」とエポックタイムズ紙は報じている。

武漢コロナウイルス(Covid-19)に関するその他の最新ニュースはパンデミックニュースをどうぞ。

【出典】

❇️エポックタイムズ❇️

❇️ナチュラルニュース❇️

  🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀

画像1

画像2

#ガンガン行こうぜ #いのちをだいじに
#CherishYourLife #SaveTheChildren
#WWG1WGA #MAGA #Patriot
#DigitalSoldier #Anons
#TheGreatAwakening
#QArmyJapanFlynn
@EriQmapJapan ←follow🙏
〔Macine Translator🇺🇸❤🇯🇵翻訳〕

画像3

画像4

画像5

画像6

#武漢ウィルスワクチン

#mRNA

#スパイクタンパク質

#天然物質

#松葉茶

#ヒドロキシクロロキン

#イベルメクチン

#ビタミンD

#亜鉛

#中和

画像7

#Q

#Qドロップ

#Qムーブメント

#WWG1WGA

#アノン

#デジタルソルジャー

#ガンガン行こうぜ

#いのちをだいじに

#DarkToLight

#QAJF隊員dariruさんからの情報です

#QArmyJapanFlynn  

mayuLoveQ_17⭐️⭐️⭐️
トランプチームとQ.世界のAnon.QAJFを応援中📣 拡散中心です #Qがいる #アノンがいる #Qアノンはいない❌ #愛が全て #WWG1WGA #情報は保留に #情報戦争中 #人として 只今、減薬中! 今生きている事が幸せです!