見出し画像

【インスタ・FB広告運用2021年版】1リスト50円台で獲得!未就学児2児のママがクラファンローンチに成功した全戦略。おすすめ広告初期設定を図解。

こんにちは、4歳と1歳の子どもを持つ30代ママのしるみ(@ikelogue)です。

本コンテンツでは、インターネット物販ローンチでスタートダッシュをかけるのに不可欠な見込み客リストを獲得するのに有効なInstagram・Facebook広告(以下「FB広告」)のおすすめ初期運用方法についてまとめてみました。

本noteのコンテンツ概要

*Facebook広告アカウント1つでInstagram広告も同時に出稿可能。インフルエンサーに頼むより低コストでの初期集客ができる。

*広告のメールアドレスリスト取りCPA(顧客獲得単価)50円台を達成した戦略と、ユーザー反応の良かったLP施策。

*FB広告のおすすめ初期設定とは?多機能でわかりづらい設定方法を図解。

*Amazon販売、物販クラウドファンディングや自社ネットショップの初期集客など見込み客リスト獲得戦略全般に活用可能。

え、 CPA60円代で 運用できる?

FB広告を戦略的に運用するメリット

私の場合は、AmazonOEM商品販売で初期アクセスを集めてスタートダッシュを図る目的でFB広告を始めましたが、FB広告を戦略的に運用できるとこんなに良いことがあります。

*メールアドレス・LINEリスト(見込み客)を低コストで集められる
*ブランドの認知度をあげられる
*自社ECサイトでの販売ができる
*物販クラウドファンディングでの初期支援数が伸びる

など可能性は未知数です。

最近ではYouTuberや インスタグラマー(Instagramer)などのインフルエンサーに単発で数万円~数十万円払ってプロモーションしてもらうのも流行していますが、売れるか未知数の商品に対してそこまで集客コストをかけられない、そもそも予算がない、結果がすぐに欲しい方にはイチオシの戦略の1つです。

物販は、 リサーチに始まり リサーチで終わる

なぜローンチでFB広告を使うのか?

FB広告は他の広告媒体と比較しても、潜在顧客層に対して低コストでリーチできるからです。とにかくAIが優秀。

フェイスブックをお使いの方ならご存知かと思いますが、FBって個人情報の登録を結構細かくしっかりしますよね?

性別、年代、居住地、職業など嘘偽りない情報を入力している方が多いFB。

その広告なので、他のプラットフォーム広告に比べると整合性が高い情報を元にAIが広告出稿してくれるので反応が取れやすい(狙ったユーザーにピンポイントで認知してもらいやすい)のです。



1日500円でもFB広告を使うと使わないとでは、売上やブランド認知度は天と地ほどの違いがでてきます。

ただ、むやみやたらにFB広告を出しても効果が保証されるものではないことも念押しさせていただきます。

無駄な広告費を垂れ流す事なく、最小のコストで最大のパフォーマンスを上げるために、顧客の反応の取れる正しい初期設定を行うことが大切です。

今回私は、自社商品を買ってくれそうな見込み客リストを集める目的で広告を打ちました。

同じく見込み客リストを集めてローンチを成功させたい、という方はもちろんのこと、本noteで紹介する反応のとれる広告初期設定の方法は、その他のリアルビジネス展開をされる方で広告初心者でも参考になる&再現性が高いと思います。

上手に FB広告を 運用するんだよ!

Google検索エンジンのコアアップデートの影響で、無料でできるSEO対策はもはや個人レベルでは難しい時代に突入しています。

これからは、Twitter,Facebook,YouTube,Instagramといった無料SNSを駆使するだけでなく、プラスαで有料広告も運用できないと生き残るのが難しくなってきました。

各種広告でそれぞれクセが違いますが、その中でもFB広告(Facebook+Instagram)は低予算から始められて比較的攻略しやすく、リターンが大きいのではないかと思います。

1ページ完結の見込み客リストを取得するためのランディングページ(LP)を制作する必要はありますが、その手間暇をかけるだけのリターンは十分に見込めます。

✅自己紹介

1歳と4歳の子供を持つ30代ママのしるみ(@ikelogue)と申します。

画像82

元々ASPや直取引のSEOアフィリエイトが主戦場でしたが、3年前よりPPC・ディスプレイ広告も同時運用中。

かねてより誰にも真似されない愛着を持った独自商品を作って1点集中で集客するほうにシフトしたいと考えており、2020年より物販ビジネスに着手。

中国OEM・クラウドファンディングを開始。

Amazon販売中のOEM商品は、自宅保育で悪戦苦闘中に時間を見つけてはコツコツ仕込みをしたFB広告によるプリローンチのお陰で、リリース直後よりサブカテゴリ2位に食い込み、ランキング安定・売上を伸ばしています。

クラウドファンディングでは10日で1,000万円の支援を達成しました。


職業柄Yahoo!,Google.Twitter,LINE,Tiktok,その他アドネットワークと日々ありとあらゆる種類の広告運用をしていますが、FB広告ほど初心者向けで効果の出やすいものはないのではないかと個人的には思います。

それだけFacebookのAIが優秀すぎるとも言えますね。

FB広告次第で売上を 大きく伸ばせるんだ!

✅はじめに

なぜローンチに成功したのか?

決定的な要因として挙げられるのが『事前にFB広告で見込み客となるお客様向けのLPを作成し、メールアドレス(リスト)を多く集めていたから』です。

平均60円台で最終的には50円台までCPA(見込み顧客リスト獲得単価)を改善できました。

✔︎【AmazonOEMの場合】

Amazonローンチの時は、最後の1週間1,046円で18件のメールアドレスを獲得しました。

画像35

とはいえ、こういった数値を提示すると最終的な購入率はいくらなのよとご指摘を受けることも想定済です。

販売前にお客様の見込み客リストを集めておいても、実際に購入してくれるのは10%〜良くて20%と言われていますが、私はある施策を組み合わせる事によって購入率を35%まで底上げしました。

なので最終的な顧客獲得単価は200円弱になります。

これは今回販売開始したOEM商品の1件あたりの利益額からみても十分ペイしています。

AmazonOEM商品販売で最初の1カ月間は赤字覚悟でプロモーションしていくつもりでしたが、このFB広告経由の売上のみにフォーカスするとすでに黒字化しているのは思わぬ副産物でした。

今回ご購入してくださらなかったお客様にも、その他マネタイズアプローチ方法は考えればいくらでもあります。

見込み客リスト(メールアドレス)を取れているということは、こちら側から好きなタイミングで、好きな内容をアプローチできるわけです。

後に紹介する類似オーディエンスを活用すれば、同じ属性の見込み客リストに対してクロスセルやアップセルといった施策も低予算で実行することができます。


✔︎【クラウドファンディングの場合】

OEMに続いて2020年9月にローンチした初クラファンでは、準備期間1ヶ月ちょっとで

LINE1523件メアド580件獲得。CPAは55円でした。

事前集客で集めた2103件のお客様に先行販売開始のお知らせを送ったところ、プロジェクト開始2分で目標金額(10万円)達成、開始10分で70万円達成、開始22分で100万円達成しました。

その後もゴールデンタイム(最初の3日間)に一気に支援数を伸ばし、販売開始46時間で500万円突破、10日で1,000万円突破しました。

クラファンでも約20%程のお客様がご支援してくださったと分析しています。


Amazonにせよ、クラファンにせよ事前集客がいかに大切かがご理解いただけたのではないでしょうか。

極端な話、事前集客で見込み客を集めるスキルがあれば、石ころでも売れます。

石ころでも売るマーケティング力。そこに絶対に欠かせないのが集客スキルだと思います。


FB広告を駆使して獲得したお客様のリストは、まさにお宝。

確固たる集客技術は、物販だけでなく自社商品、コンテンツ、コンサル、アフィリエイトなどのビジネスチャンスに生かせます。集客スキルを持っていれば、どんどん時代が変化しようとも食いっぱぐれる心配は少ないと私は思います。

月5万円稼ぐにはのコピー

✅本コンテンツを読んで得られるもの

①広告の効果的な設定方法がわかる    
②ユーザーの反応の取れるワンランク上の出稿方法がわかる   
③CVRをあげるLP内の仕掛けがわかる  
④本目的以外のリストのお客様へのマネタイズアプローチ方法がわかる

知っていると 知らないとでは 天と地の差があるFB広告設定

本noteが参考になる方

*FB広告のCPAが下げられなくて困っている方
*FB広告の運用方法がわからない方
*2021年最新。効果の高い初期設定方法を知りたい方

このような方々のお役にたてるnoteです。


FBインスタ広告の仕様変更はあった場合は都度加筆修正を行って、よりフレッシュな情報を発信致します。

教科書のように、何度も何度も読み返し実践することで、想像以上の成果が上がると思います。

試行錯誤して導き出した2021年時点での最適解を記したnoteなので有料ですが、読み込み実践すれば十分回収可能、何倍ものリターンが得られます。

実際に今まで私は3つのFB広告有料セミナーに参加しましたが、重要な要素は全てのセミナーで共通していました。(講師はみなさん別。)

交通費も含めると、1回あたりのセミナー費用は約4万円。

結局のところFB広告をうまく運用するためのノウハウは多様性がないので、押さえるべきポイントさえ押さえておけばきちんと回ります。

本noteでFB広告の運用ノウハウの全てと、自分の運用経験則から言える重要な部分を出し惜しみなくまとめました。

絶対にFB広告で結果を出す決意がある方に、是非読んでいただきたいと思います。

FB広告ドリームを 体感してください!

※2021年4月末追記

Appleのios14.5の影響で以前よりもコンバージョンしにくい状況になっています。執筆当時(2020年)CPA50円台でリスト獲得できていましたが現在同じパフォーマンスでの獲得が困難になりつつあります。

ただ、基本の初期設定、より低単価でリストを得るための注意点は変わっていません。上記をご了承頂いた上でのご購入をお願い致します。


▼▼▼

さて、ここから本題のFB広告とインスタ広告を低コストで運用する具体的な方法について図解多めで丁寧にご説明していきますね。

一般的に1アドレスを獲得するのに平均2,000円かかると言われているところ(CPA2,000円)、平均50円台で達成できた理由はズバリ3つ!

この続きをみるには

この続き: 23,840文字 / 画像91枚

【インスタ・FB広告運用2021年版】1リスト50円台で獲得!未就学児2児のママがクラファンローンチに成功した全戦略。おすすめ広告初期設定を図解。

いけろぐ@物販&インスタFB広告集客主婦

18,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
50
30代2児の母|アフィリ7年目。A8とafbブラック数年継続中|SEO+ad運用| Google,Yahoo!,FB,DSP広告|2020年〜クラファン|自社ECショップでODM商品販売| 物販ブログ「いけろぐ」で情報発信中✍️ https://ikelogue.com