見出し画像

買い物支援の場を作ってみる その5

服部誠

ふくしとぼうさい日記671日目。
日々の活動から、街の課題解決のチャレンジをしています。

逗子市池子にある東逗子第一団地の支えあいチーム「チームまごの手」のお手伝いをしています。

お店が1件もなくなってしまって買い物の困りごとが出ているこの地域でのサロン活動(いろいろな人が集まる場)に、テスト的に買い物ができるようにできないかと検討をし、9月28日水曜日に買い物サロン「まごの手ちょこっと朝市」を企画し、とても地域の方々に喜ばれました。

今日は2回目の買い物サロンの日でした。


あいにくの雨でしたが、朝9時から準備を行い、地域の方々にアナウンスも行いました。

10時になると、ぞくそくと地域の皆さんがお越しになられました。

用意したのは、野菜、パン、お弁当、おにぎり、お菓子、パックのジュース、お米、ティッシュなどの日用品、

約40人の方がお越しになり、前回よりも多くご来場いただく結果となりました。

お越しになられた方からは、
・最近足が悪くなって、宅配のみで生活していたけど、久しぶりに選んで買えてうれしかった。
・買い物とあわせてたくさんお話しできてうれしかった。
などの感想や
・もっと品目が多ければいいのに
などのご意見をいただきました。

また、池子の反対側の団地もお店がない状況で、そこでも買い物サロンをできないかとのご相談もいただきました。

この地域のお困り事をなんとかしようと、頑張っているチームまごの手の皆さん。
新しい地域の困りごと解決の一歩となるように、私も一員として活動をしていきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!