日本人なのに日本語が難しい

最近、接客業のバイトをはじめて思った。

日本語って難しい。

今のバイトを始める前に最後に飲食店でバイトしたのはオーストラリアだったっけ。

不思議なのは、自分が客の立場で飲食店をいつも利用していたのにいざ店員の立場になると聞きなれていたはずの接客用語を思いだせない。

失礼します

失礼いたします

どっちだっけ? とか

メニューお決まりですか?

ん? あってる? とか。

オーストラリアで働いていた頃、お客さんはオージー九割だったし自分のたどたどしい英語しか通じないのに、オーストラリアで接客していた頃の方が楽だった、という不思議。

余談だけど、オーストラリアにいた頃ものすごく驚いたことがあった。

洋服屋を出ようとしたら、店員によびとめられ出口で自分の鞄の中を見させられたのだ。

私だけじゃなく、客全員。

おそらく万引き防止のためだろう。
日本でこれをすればおそらくおおごとだろうが、オーストラリアでは当たり前の光景だったので特に嫌な気分にもならなかった。

また、関係ないがオーストラリアは時間にルーズだ。
バスが十分遅れてくるなんて普通だし、遅れてきたにも関わらずバスドライバーもニコニコ笑顔で「ハロー」と挨拶してくる。日本みたいに「◯◯の影響で遅れて申し訳ございません」のようなアナウンスもなし。
これも日本だったらあり得ない出来事だ。

しかし、私は時間にルーズ、言い方をかえるとゆったりしたオーストラリアが大好きだし、店員が客の持ち物チェックすることも文化だなぁ、程度だ。
オーストラリアはいろんな面でものすごくシンプルだ。
オーストラリアは基本的に残業しないし、働く人間もとても大切にする。

シンプル イズ ベストだけど、日本には日本のよさがある。私が最近悩む接客用語についても、日本は「お客様は神様」精神でお客さんをとても大切にする文化なのかもしれない。(オーストラリアがお客さんを大切にしないという意味ではなく)

だから言葉の一つ一つにもものすごく気をつかう。

日本語って奥が深い。

もっと勉強しなきゃな。

では、アルバイト行ってきます。

#オーストラリア #ワーホリ #漫画 #まんが #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
113
【連載中】https://howcollect.jp/m/user/index/id/3505【連絡先】makoishappy777@yahoo.co.jp 【ブログ】https://midoriokamako.com

こちらでもピックアップされています

あなたと社会と世界の『未来』を変える話
あなたと社会と世界の『未来』を変える話
  • 3254本

かつて私たちの夢見た豊かな暮らしは、もはや待つだけでは手に入らない。 独立自尊により『自由』を得て、自分を取り巻く世界の『未来』を変えるための道は、おのずから動く者にのみ開かれる。 そのヒントの在処は先達の教えに、世界の歴史に、小さな異変や違和感に、同業者や異業種の成功事例に――あるいは地下鉄の壁や長屋の玄関の落書きに。

コメント (7)
アザルさんコメントさきほど気づいたため返信が遅くなりすみません。お読みいただきありがとうございます^_^言葉について改めて考えさせられる日々です。
まこさん、メルボルン在住です。まこさんがアデレードで経験された飲食店での接客は、日本でも必ず今後役立つのだと思います。型通りの日本語の接客用語なんて気にしないで!まこさんならではの人間らしい豊かな個性でお客さんを大切にする・・そんな接客はとても魅力に溢れるはずです。応援しています。
komimiさん お読みいただきありがとうございます。メルボルン在住なんですね(^_^)そして温かいコメントありがとうございます。現在も飲食店でバイトしていますので、常に温かい接客を心がけようと思います!
はじめまして
私はブリスベンに少しだけ留学しますことがありますが、私にとって、スーパーの店員さんと会話をするのが大変でした!!
日本の接客用語は難しくて、文法的にも不思議なものが多いですよね…「日本人の知らない日本語」でもそんな話があった気がします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。