見出し画像

子ども自身が「自分ごと」にする価値がある学び

英語教育にかぎったことではないが、こと「小学生」はどこまでも正直である。面白そうなことは、やる。つまらなさそうなことは、やらない。

授業は「導入」が生命線で、そこで「面白そう」と思えば、あとはこどもが勝手に学んでいく。

子どもたちが「やりたい」と思っている場合には、どんな失敗もその子の学びになるけど、子どもたいが「つまらない」と思ってやっている場合には、失敗は先生のせいにもなりうる。こんな面白くないことやらされたから、こんなことになった、みたいな。

子どもに裁量を持たせて、学びを子どもの「自分ごと」にする。うまくいったこともいかなかったことも、その子どもが「自分ごと」にして受け止めてくれればそれが学びなのだ。

英語スピーチコンテストは、よくもわるくも、すべての子どもにとって「自分ごと」だった。見にくる人にカッコいい自分を見てもらいたい、友達に認めてもらいたい、絶対にメダルを取りたい、自分の大好きなことをもっとみんなに語りたい、緊張する自分に勝ちたい、などなど。その理由は、取り組んだ子どもの数だけある。

それぞれが「自分ごと」にして、ともに何かに取り組んでいる教室は、よい「気」にあふれてなかなか居心地のよいものだ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいな!
ママで大学院2年生。息子ふたりとトリプル受験でてんやわんや。仕事辞めて学生してること、一ミリの後悔もなし。先生になりたいひと、新しい環境を求めるひと、大学院で学んでみたいオトナなどにキラーパスを送るかも。元私立小学校教諭。一般社団法人オーガニックラーニング理事。