新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

大阪エヴェッサ“エンタメ班”が、舞洲を一日満喫!舞洲スポーツアクティビティーラリー【後編】

<トップ画像:©︎2022 MAISHIMA PROJECT>

舞洲プロジェクトでは、2022年1月8日(土)〜2022年1月10日(月・祝)の3日間、大阪エヴェッサ、オリックス・バファローズ、セレッソ大阪の3チームが中心となり、『舞洲スポーツアクティビティラリー』を実施しました!

『舞洲スポーツアクティビティーラリー』とは、舞洲アイランド内の各施設で開催されているアクティビティーを回ってスタンプを揃えると、ホテル・ロッジ舞洲でのお楽しみ抽選会に参加できるイベントです。お楽しみ抽選会では、非売品のグッズなど、3チームの豪華グッズが景品として準備されました。

最終日となった10日は大阪エヴェッサ アリーナMC・たつをさん、公式ガールズパフォーマンスユニット「BT」が参加。この日の参加者にはBTのファンの方々も多く、普段は見れない彼女たちの素顔に皆大興奮!

後編では、最終日の様子をお届けします。

<実施アクティビティー>
2022年1月10日(月・祝)
・ストラックアウト&キックターゲット @セレッソ大阪練習場(日本ハム桜グラウンド)
・丸太切り @GoodBBQオーチャードグラス


身体を動かすと気持ち良い!BTもたつをさんも、アクティビティーを制覇!

3日目も、2025年大阪・関西万博に向けた実証実験の一環として、舞洲行きの水上バスが運行!大阪エヴェッサ アリーナMC・たつをさん、公式ガールズパフォーマンスユニット「BT」も乗り込み、会場へご案内!天気も良く、参加者と一緒にデッキに上がって景色を楽しんでいました!

画像1

初めて見る、水上からの大阪に大興奮

画像2

「いつもはあの橋(背景の橋が夢舞大橋)渡って舞洲へ来てるんか...」とたつをさん

この日はセレッソ大阪の練習場・日本ハム桜グラウンドで各アクティビティーが開催。
はじめにBTが、キックターゲット、ストラックアウトに挑戦。苦戦しながらも、ファンの方々に見守られて全力で取り組んでいました。

画像3

ストラックアウトでボールを投げるHARUKIさん

画像4

キックターゲットに挑戦するSHIZUさん


時間があったので急きょ、ミニサッカーを実施することに! BT、たつをさん、参加者混合のチームを作り総当たり戦を実施しました。白熱した試合が繰り広げられ、大盛り上がり!

画像5

BT、たつをさん、参加者の方々でミニサッカーも

画像6

ゴールが決まりました!


その後、丸太切りへ移動。BTは目標タイム1分を目指して大奮闘!慣れない動作に戸惑いながらも、無事全員が丸太を手に入れました。

画像7

無事、丸太ゲット!

画像8

たつをさんも丸太切り


BTはただのチアじゃない。「最大限ワクワクさせたい」大阪エヴェッサ エンタメ班の思い

午後は、たつをさんとBTによるトークショーがホテル・ロッジ舞洲にて行なわれました。大阪エヴェッサの“エンタメ班”として、今後どうなっていくべきなのか、お互いの思いをぶつけ合いました。

画像9

たつを:大阪エヴェッサを盛り上げていくパフォーマー同志として、本音で話がしたいです!「ガールズパフォーマンスユニット」という新たなジャンルとして立ち上がって、どんな目標を持って活動しているんですか?チアとは何が違うんですか?

BT MAO:チアダンスなどダンスのジャンルとしては異なりますが、「応援する立場」という意味では私たちもチアだと捉えています。チアがあって、その先に「ガールズパフォーマンスユニット(ダンスボーカルグループ)」という形があるのではないか、と。

ゆくゆくは「大阪エヴェッサに、ダンスボーカルグループがあって良かった」と思ってもらえるようになりたいと思っています。

たつを:「チアダンス」「チアリーダー」とBTの違いは?

BT  MAO:
チアダンスやチアリーダーは、コートサイドで応援して、ハーフタイムではその延長線上でコートサイド時より華やかな「応援の」パフォーマンスをするという形ですよね。一方で BTは、コート上ではダンスボーカルユニットとして見られたいと思っています。

たつを:ではBTにとって、応援とは?

BT  MAO:ブースターの皆さんと同じ目線に立って、チームを応援することが大切だと考えています。アイドルのようにキラキラしたいわけではありません。確かにダンスが好きなので「踊る場所が欲しい、見て欲しい」という思いも正直あります。でもそれだけならテーマパークで働いたり、バックダンサーになれば良い話かと。

あえてスポーツ界を選んでいるんです。支える側として、あくまでも応援がメイン。選手、チームがあっての自分たちなので感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

誰かが先頭に立って応援する必要があると思うので、皆さんの応援に力を添えるためにパフォーマンスをするのが役割だと思っています。

画像10

たつを:例えば野球の場合は、イニング間でしかチアは出てこない。それがバスケだと、試合中ずっとコートにいますよね。

BT MAO:バスケは、「応援している」熱量を最も伝えられる競技だと感じます。私は野球のチアを6年間経験しましたが、試合中に控室に戻る時間もありました。バスケでは、終始皆さんと同じ空間を共有しながら応援できます。

たつを:エヴェッサのMCを長くしているのでわかるのですが、BTファンの方々はバスケもちゃんと応援してくれているなと感じるんですよね。競技として、そしてエヴェッサというチームとして応援してくれているなと。これがすごく嬉しいし、BTがこれまで作ってきてくれたものだと思うんですよね。

BT MAO:持っている思いは、熱いです。

たつを:もっと一緒に、大阪エヴェッサを盛り上げていきたい!お客さんの前で僕と何か一緒に絡んだり、お客さん自身を巻き込んだり。

BT MAO:はい!大阪エヴェッサ”エンタメ班”として、たつをさんや、まいどくんと力を合わせていきたいです。

私は、スポーツ観戦が非日常的な空間になって欲しいんです。「夢の国」のような。誰かの頑張る源になることができれば嬉しいです。テレビ越しに見る試合とは絶対に違うと思うので、ぜひアリーナに足を運んでみて欲しいですね。

たつを:リーダーとして、「これだけは譲らないでおこう」とメンバー内で話していることはあるのですか?

BT HARUKI:「ブースターの方々、ファンの方々の気持ちを第一に考えよう」と試合前や練習中によく話しています。

試合を観に来てくださった方は、もう二度とアリーナに来ることはないかもしれません。「来てくださった日に、最高なパフォーマンスができるようにしよう」といつもメンバーとは話をしています。

たつを:スポーツ観戦は、チケットを買ったその時から楽しみになります。当日はもちろんワクワクするし、終わっても試合の余韻に浸れます。本当にワクワクする時間と空間だと思うんですよね。

BTの思い、届いているかな。もっともっと、上を見ているんです。これからも大阪エヴェッサエンタメ班として一緒に頑張っていきますので、ぜひ会場でお待ちしております!

画像11

イベント後に、BTとたつをさんそれぞれに一日の感想をお伺いしました。やはりリアルでファンの方と交流できるイベントは楽しい、と。なかなか実現しにくい状況だからこそ、一日がより一層貴重なものに感じられたようです。

CONEY「普段は試合会場でしかお会いできない方々と一日を過ごせて楽しかったです。トークショーで私たちの思いも伝えられたと思うので、また新鮮な目線でも見ていただけると嬉しいです。パワーアップした姿をお見せできるように頑張ります!」

HINA「ファンの方々と近くでお話しできて良かったです!とても楽しかったです。ありがとうございました!」

MANA「私は初めてのイベントで、ファンの方々と会場以外でお会いするのが初めてでした。新たなメンバーの一面もお見せできたと思います。サッカーが楽しかったです!」

SHIZU「コロナ禍でイベントがなかなかできない中、ファンの方々とスポーツを楽しめたので良かったです。皆さんへの感謝の気持ちが、少しでも伝わっていたら嬉しいです!」

HARUKI「ファンの皆さんと一緒に身体を動かしたことで、心の距離も縮まったと思います。トークショーでは会場でのBTとは違った一面をお見せできました。チアとガールズパフォーマンスユニットの二刀流で今後も頑張っていきます。応援よろしくお願いします!」

MAO「いつもとは違った距離感でファンの方々と交流して、BTのこと、大阪エヴェッサのことを大切に思ってくれているんだなと改めて感じることができました。舞洲のこともたくさん知れて、今後は胸を張って『舞洲で活動しています!』と言えると感じました!」

たつを
「改めて大阪の可能性を感じることができました。2025年大阪・関西万博に向けて舞洲エリアが注目される中、水路を活かすのも良いですね。楽しみです!

サッカー、野球、バスケ、3つのプロスポーツチームが集まっている舞洲。舞洲の力も改めて感じたイベントでした。人と人、スポーツとスポーツ、まちとまち、いろんなものが繋がって、これからもご縁を広げていきたいです。

BTはずっと近くにいる存在なのに、まだまだ知ることができていなかったなと。今日はいろんな思いを聞けて良かったです。一番身近にいる人について、誰もがまだ見えていない部分はあると思います。本当に向き合ったらいろんなことが見えてくるんだと思いました」

画像12

プロ3チームが一緒になってイベントを実施できるのは、舞洲プロジェクトならでは。どれか1チームをきっかけに知ったとしても、他の2競技も「エヴェッサも、オリックスも、セレッソも、いいな」と思ってもらえるような企画をこれからも考えていきます。引き続き、ぜひ舞洲プロジェクトにご注目いただけけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!