映画「毎日がアルツハイマー」シリーズ公式

映画監督である関口祐加が認知症の母との暮らしを赤裸々に綴った『毎アル』シリーズの公式アカウント。最新作『毎日がアルツハイマー ザ・ファイナル 最期に死ぬ時。』2018年7月14日(土)よりポレポレ東中野、シネマ・チュプキ・タバタほか全国順次公開。www.maiaru.com
    • 母を撮る
      母を撮る
      • 15本

      認知症予防財団のwebサイトにて2011年11月〜2020年1月まで連載されていた「母を撮る」のアーカイブ。現在、関口監督の新連載「母をみとる」が掲載中。 ++++++++ 「認知症予防財団」とは… 1990年4月に毎日新聞社が中心となって設立した「ぼけ予防協会」を前身としています。2010年に公益財団法人へ移行し、その直前に名称も今のものに改めました。2020年に創立30周年を迎えました。  主な活動は、無料の電話相談「認知症110番」の開設のほか、シンポジウムの開催、書籍発行などの啓発事業、介護や認知症に関する調査事業、財団報「新時代の発行」などです。 財団ウェブサイト https://www.mainichi.co.jp/ninchishou/ 「認知症110番」 0120-65-4874(ろうご・しんぱいなし)

    • 「最期に死ぬ時。」の話をしよう
      「最期に死ぬ時。」の話をしよう
      • 9本

      「毎アル ザ・ファイナル」公開を記念して行った特別インタビュー集。 関口祐加監督、井藤佳恵先生(都立松沢病院・精神科医)、新城拓也先生(しんじょう医院・院長)、幡野広志さん(写真家)、齋藤正彦先生(都立松沢病院・院長)に「最期に死ぬ時。」についてのお話を伺いました。

「毎アル2」完成間近!

 ついに、ついに「毎アル」続編の完成が間近になりました! 編集期間は、昨年の8月からで、私の作品の中では最長の6カ月間。それなのに、完成尺は私の作品の中では一番…

イギリスロケ敢行2

そもそも「パーソン・センタード・ケア」とは何でしょうか? 分かるようで分からない。日本では、そんな声が聞こえてきます。実際、10月に「毎アル」の上映と講演会で鳥取…

イギリスロケ敢行!

 9月2日の午後、イギリスのヒースロー国際空港に到着しました。9泊10日のイギリスでの撮影ロケの開始です。これは、もちろん「毎日がアルツハイマー Stage 2(仮)」…

母とそれぞれの孫たち

母には、4人の孫たちがいます。私の妹のところに3人と私の息子の計4人です。母は、私に面と向かって「子より孫の方が、ずうっと可愛い」と言います(笑)。孫たちもおば…

ものの見方

「毎日がアルツハイマー」が、完成し公開されてから、この7月で丸一年になります。劇場公開もまだ続き、さらには、全国で自主上映され、私も今まで行ったことがない全国の…

2011年3月11日

2011年3月11日は、日本国にとって、そして、日本人にとって、忘れ得ない日になってしまいました。マグニチュード9.0を観測した巨大地震、大津波、そして、福島原発…