ワークスアプリケーションズの解体とMBO|ニュース解説プレミアム Vol.06
見出し画像

ワークスアプリケーションズの解体とMBO|ニュース解説プレミアム Vol.06

今月の限定記事です。
ワークスアプリケーションズの牧野代表取締役の退任のニュースが先日出ていましたが、これに関連したトピックです。

ワークスといえば、ここ数年苦境が報じられており、今年6月には稼ぎ頭のHR事業をベインキャピタルに約1,000億円で譲渡したというニュースが出ていました。
そしてついに、9月30日に牧野さんの代表取締役退任となりました。

ワークス新体制とMBO

あまりニュースになっていませんが、翌日10月1日にコネクティという会社がワークスからのMBOを公表しました。

マネジメント・バイアウト(MBO)実施のお知らせ

これは偶然ではなく、このタイミングで行われたことに意味があります。

MBOとは「マネジメント・バイアウト」の略で、経営陣による既存事業等の買収を意味します。
コネクティはもともとワークスの起業プログラム内から生まれた会社で、ワークスの100%子会社でした。

この続きをみるには

この続き: 1,133文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
『ニュース解説プレミアム』の連載・全てのnoteをお読みいただけます。(公開済みの記事すべて+原則月に1本ずつ追加(追加料金なし)、note1記事あたり210円以下) ※単品購入をされた後に本マガジンを購入いただいた場合、別途4000円のお支払いが発生しますのでご注意ください

M&A BANK代表、監査法人IPO部・M&Aアドバイザリーを経て、兄弟会社のIdealink株式会社のCFOとしてM&Aを行う他、上場企…

または、記事単体で購入する

ワークスアプリケーションズの解体とMBO|ニュース解説プレミアム Vol.06

M&A BANK ベンチャー経営者のためのM&A情報メディア【動画&記事】

500円

ありがとうございます!お役に立てそうな方に共有いただけたら嬉しいです!
駅伝式経営・EXIT戦略・M&Aについて発信するメディア/M&A経験者・専門家の実体験やノウハウを気軽に楽しむYouTubeチャンネル➡https://www.youtube.com/c/MABANK2018/ お問合せ➡https://ma-bank.jp/contact/