子供物〜留袖からの繰り回し〜
見出し画像

子供物〜留袖からの繰り回し〜

投げ銭スタイルですので、有料記事ですが最後まで読めます。

七五三用に全て揃えてセットになって販売されているものは
高いから和装はしないわ〜とか
たくさんの中から選べるレンタルで良いわ〜とか
七五三に対する考え方は様々あると思います。

そんな中に、和装にちょっと興味ある!
着物を着せてみたい!
みんなとはちょっと違うのを着せてみたい!
でも、あまりお金はかけられない…
ということもありますよね。

大人の長着や羽織から繰り回しして子供物に仕立て直すこともできます。

留袖から繰り回して、子供物にしたものを2枚紹介しますね。

まずはこちら。
途中までお祖母さまがお仕立てしていた物を、途中から私が引き継ぎました。

画像1


フキは真綿を入れてふっくら仕上げました。

画像3


画像4


片方の袖が寂しかったので
あまり布にあった柄を縫い付けてみました。

画像5



画像6



次に紹介するのはこちら。
2枚の留袖を使っています。

画像2


フキは真綿を入れてふっくらと仕上げました。

画像7


画像8


背と胸の紋がそのまま残ったお仕立てだったので
袖の紋もアップリケのようにして縫い付けてみました。
ほとんどわからないと思います。
これで五つ紋風に見えますよね。

画像9


裏地は、たしひか豪華に刺繍をされていた布があったので
それを使いました。

画像10


留袖の柄によっては、七五三用に繰り回しすることができるかと思います。
また、大人の可愛い柄の小紋や、絞りの羽織でも可能です。

反物からではなく、仕立て上がっているものからでも
こうしてお仕立てできるということなので
もし、七五三で着物を着せてみたいという場合は
近くの和裁技能士さんに相談してみてくださいね。

この続きをみるには

この続き: 0文字

子供物〜留袖からの繰り回し〜

桃色の月うさぎ(香川県 一級和裁技能士:宮西千晴)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
どうもありがとうございます😊
年内のお仕立てものはいっぱいになりました。 現在ご依頼いただきますと、2022年2月20日以降のお渡しとなり、新料金をいただきます。 2018年東京キモノショーの和裁職人大賞にて三ツ星をいただきました。