新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ご案内】”もうちょっとだけ先のお食事券”の発売を始めました。

こんにちは。
京都・東山でレストラン「LURRA˚」を共同経営しています、
ゼネラル・マネージャーの宮下拓己です。
日頃よりLURRA˚をご利用いただき、ありがとうございます。

新型コロナウィルスに(COVID-19)より、罹患された皆さま、及び関係者の皆さま、不安にお過ごしの皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
年明け早々から報じられていた新型コロナウイルス (COVID-19)は収まるどころか、世界中で猛威を振るっています。
そんな中、今日も京都の自然は美しく、人通りが少ない街中で桜や春の花々が咲き始め、改めて自然の恵みを感じます。

画像1

さて、このような状況下。
今の京都や飲食業界の厳しい現状を順にお伝えしながら、
僕たち「LURRA˚」からのお願いです。
*レストラン「LURRA˚」をご存知でない方は、こちらを一読ください。

4月3日現在の春メニューから

画像9

画像10

画像10

画像17

◾️LURRA˚はなぜ京都を選んだのか

画像2

上記のnoteの
にも書いたのですが
LURRA˚を開くにあたって京都以外の土地の候補は
考えたことはありませんでした。
それは古から続く日本の食文化を読み解き、
LURRA˚の解釈により再構築し、
そして京都でしか生み出す事の出来ない世界観を作り出していきたい
と考えたからです。

ゆるぎない歴史の上に、新旧のカルチャーが花ひらく京都。
山もあり、水脈が豊か。しっかりとした四季が感じられ、土地の食材も多い。
そんな素晴らしい都市でLURRA˚を始めた事は僕達は9ヶ月たっても本当にいい判断であったと誇りに思っています。 

◾️観光客激減の京都

京都の現状について少し話したいと思います。
4月2日現在は桜も満開に近く街には学生など若年層が歩いています。
そして、行き場を失った海外の方もちらほらと街でみかけます。
ただ同時にガクッと急に観光客だけでなく日本人までもが減って戸惑う街の人々。静かな京都が戻ってきた。
そんな声も聞こえますが、そんな事を言っていられる現状ではない。
ここ数年は観光公害などと言われるような一時のパニック状態が続いていたのは確かです。
しかしながら、それは国内外から多くの人たちが京都に訪れる魅力があるという事です。
京都は古くからの国際都市で、様々な文化を受け入れてきた都市だと思います。
実際にLURRA˚には京都出身者は一人もいません。が、温かく受け入れてもらい、多くの京都の方々に支えられ、
昨年2019年7月9日のオープンから無事に9ヶ月が経ちました。
話は戻りますが、観光都市で潤う京都にこの新型コロナウィルスに(COVID-19)は経済的な大打撃となっています。

画像3

◾️LURRA˚の現状

画像17

今のLURRA˚の現状を一言で言えば、京都が受ける経済的な打撃の影響を少なからず受けています。
そして、経営者としての複雑な思いと、とても不安な気持ちで日々を過ごしています。
これには2つの不安があります。 

【其の1】
経営者としてのジレンマ

先の見えない、経営者としての不安未だに政府からの支援策がない状態での営業自粛に関しては僕達にとって収入が単純にゼロになると言う意味だけではありません。
LURRA˚で働く従業員、そして日々の食材を支えてくれている生産者の皆さんや場所を貸してくれている大家さん。
そう僕達にとって営業自粛とは関わる方々へも影響する大きなマイナスを意味しています。
そして一度営業自粛でお店をクローズしてしまったら、それはいつまで続くのか?は誰にもわかりません。
当然、国民一人一人への「不要・不急の外出」自粛要請の流れは日本の国民としては理解できます。
ただ現実として、そんな状態が続いたらLURRA˚だけではなく、日本中の飲食店(特に個人店)はどこも立ち行かなくなってしまいます。

いくら前向きでいても毎日多くのキャンセルの通知が届きます。
「不要・不急の外出自粛」要請が出ている中での当然の判断です。
ただ一方では、LURRA˚をサポートしたい!という気持ちで予約を入れてくださるお客様方も多くいらっしゃいます。
ありがたい気持ちでいっぱいな反面、申し訳ない気持ちを抱くのも事実です。
予約ゼロが続けば、営業自粛でクローズする苦渋の決断が正しいと思えるのか?でも、お客様がもし誰も来てくれないとLURRA˚は立ち行かなくなってしまします。 それは免れない事実です。
そこに大きなジレンマがあり、どう動くべきなのかを決断仕切れない大きな壁があります。

【其の2】
お客様やスタッフの健康へのリスク

いつLURRA˚がクラスターの場所になってしまうかわからない不安。
これは難しい問題で答えの出せない選択。
かけがえのないスタッフ(従業員)やお客様のことを考えると
LURRA˚を閉める。という選択肢が頭の中に常に上がってきます。
だけど、同時にスタッフ(従業員)の生活も僕は考えて
行かないといけない。僕たちは元気でも誰が保菌者かわからない。
そして、気付かないうちに自分が感染をしていて
移してしまうのではないかという不安。
毎日頭の中にはいろんな答えが出てきては消えの連続です。

◾️LURRAºを存続させるために

LURRA˚は、ニュージーランドで出会った3人、Jacob Kear,宮下 拓己と堺部 雄介が京都から世界に向けて
「日本の季節と文化のショーケースを発信する」
という思いで2019年夏に開いたレストランです。

画像4

(左から宮下拓己、JACOB KEAR、堺部雄介)
日本の美しい四季を感じ、食という体験で自然を表現する都市として僕達は京都を選びました。
さっきも述べましたが、開店後、京都で皆さんに温かく支えられて9ヶ月が経ち、とても感謝しています。
僕たちLURRA˚含め、飲食業界に関して、こんな言い方をするは何ですが、新型コロナウイルス (COVID-19)の影響を受けた後、その先の飲食業界の姿が正直まだ見えていません。
誰も見えていないのではないでしょうか。

ただ、僕は希望を全く捨ててはいません。

画像18

そしてLURRA˚を通して発信していきたいことや表現はまだまだあります。僕たちはまだその道のりの途中にいます。

今回の全てが緩やかに終息した後に、今まで以上にLURRA˚は
「日本の季節と文化のショーケース」を京都から発信していきます。

実際にこれから飲食業界に入ろうとしている人たちもどう動いていく事が正解かわからないと思います。

だからこそ、僕たちLURRA˚は考え、アクションを起こします。
僕たちが動くことで世界の何が変わるかはわかりません。
でも僕たちが動く事で少しでも飲食業界への新たなアクションに
繋がるのであれば全てのリスクを受け止め、全力で行動します。 

辛い状況なのは当然僕たちだけではないし、
飲食業界のみんなが頑張っています。友人のレストランも必死に今出来る事を発信している、その姿に力を貰っています。

画像13

◾️LURRA˚が行うアクション

LURRA˚はこの度、新型コロナウイルス (COVID-19)の対策として「もうちょっとだけ先のお食事券」を発売させていただくことにしました。

「もうちょっとだけ先のお食事券」
〜いつか京都を楽しめるその日々のために〜 

画像5

◾️「もうちょっとだけ先のお食事券」
【経緯と思い】

毎日多くのキャンセルの通知に暗くなっていく日々、そしてその中でもLURRA˚に足を運んでくださるお客様への感謝。
僕たちが出来る事は笑顔で食事を提供する事と少しでもLURRA˚に関わってくれる人へのサポート。

今は本当にそれだけ。 

ただ、この不安な気持ちで日々を過ごしていくだけでは辛いので新型コロナウイルス (COVID-19)が収まって、世の中の人たちに笑顔が戻った時、
つまり、

「もうちょっとだけ先のお食事券」
〜いつか京都を楽しめるその日々のために〜 


というコンセプトでお食事券を発売させていただきます。

◾️【お食事券の内容】

画像6

【内容】LURRA˚の基本的なコース(2名様分)
            (10品と7杯のペアリングドリンクのコース)
 ※アルコール、もしくはノンアルコールお選びいただけます。
【価格】1枚:50,000円(税サ込) 
    今回の食事券は通常より11,000円分
    (1 名あたり5,500円分)
    お得になっています。

※通常は25,000円(税サ別)で30,250円をお会計時に頂いておりますが、
消費税・サービス料を無料とさせていただきます。
※コースに含まれるペアリングドリンク以外で追加のお飲み物は別会計となります。
 ※お食事券1枚につき、2名様分とさせていただきます。
※このお食事券は購入後に他者へ受け渡していただくことも可能です(ご利用は期間内となります)。
※苦手食材による内容変更は基本的に受け付けておりません。
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【ご利用期間】〜2021年の最終営業日まで
【購入方法】インターネット購入のみとなります。 

購入は下記のBASEからお願いします。

【本件に関するお問合わせ先】
Twitter : https://twitter.com/lurra19

Mail : takumimiyashita@lurrakyoto.com

Phone:090-5815-3233 (代表 宮下携帯)


◾️「お食事券」購入検討
シェアのお願い

ここまで読んでいただきありがとうございます。
LURRA˚は始動して9ヶ月のレストランです。
そしてまだ何も成し遂げてはいません。
僕たちは今回の荒波を乗り越えて必ず素敵な食事と空間体験をお客様に提供します。

最後に。
僕たちのこのアクションに賛同してくださった方にはシェアしてくださるとありがたいです。

>ご友人からのシェアでこの情報を受け取ってくださった、
 LURRA˚をはじめて知った方々へ

はじめまして。
LURRA˚ ゼネラル・マネージャー宮下 拓己です。
このような状況下でなかったほうがよかったとは思いますが、
それでも、LURRA˚を知ってくださったこと、興味を持ってくださったことを嬉しく思います。
新型コロナウイルス (COVID-19)が収まって、京都でLURRA˚でのお食事を楽しんでいただける日に
お会いできるのを楽しみに、お待ちしています。

◾️LURRA˚の基本情報

Twitter : https://twitter.com/lurra19
Instagram : https://www.instagram.com/lurra_kyoto/?hl=ja
LURRA˚の料理、内装などの写真のアーカイブです。
Facebook : https://www.facebook.com/lurrakyoto/
HP : https://lurrakyoto.com/







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート頂けたらありがたいです! LURRA˚をより良くする為に大切に使わせていただきます!

幸せのおすそ分け
277
*LURRA˚を経営しています。 https://lurrakyoto.com/ 薪火で織りなす、“日本の季節と文化のショーケース”

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18814本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (1)
京都は一時期住んでいたこともありとても応援しています!頑張ってください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。