宮下拓己/ LURRA˚

*LURRA˚を経営しています。 https://lurrakyoto.com/ https://www.instagram.com/lurra_kyoto/?hl=ja 薪火で織りなす、“日本の季節と文化のショーケース”
    • LURRA˚は、なぜ京都で挑戦するのか。
      LURRA˚は、なぜ京都で挑戦するのか。
      • 2本

      LURRA˚とは? をまとめています。

  • LURRA˚ × 朝日焼【磁器のグラス Porcelain cup】

    LURRA˚ × 朝日焼【磁器のグラス Porcelain cup】

    【磁器のグラス Porcelain cup】 京都宇治「朝日焼」と共作した Porcelain cup。 400年の伝統を持つ朝日焼の松林さんと話し合い、ガスを使わず薪火だけで料理を提供する「LURRA°」と朝日焼の共通項である薪の火をキーワードに薪火(登り窯)での制作をお願いしました。 グラスはすべて同じ青磁釉ですが、貫入の表情(炎の当たり方によって大きく変わる)や灰かぶり(本来白磁というものは鮮やかな白さを追求した技術であるが、今回のカップには登り窯の“灰かぶり”を採用している。カップの内側には灰の残した景色として白磁の中に黄色いムラが残る。)など、出来上がった磁器のグラスは1点1点すべて異なる登り窯ならではの味わい深いものになりました。 職人の手で一つ一つ作り出されるグラスは、口当たりも優しく普段のお飲み物をより一層おいしくしてくれます。 是非お茶だけではなく、ワインや日本酒などにもお使いいただければと思います。 LURRA˚でも実際カクテルやワインなどのペアリングにも使用しています。 京都の伝統とLURRA˚の革新がクロスした磁器のグラスになっています。 【朝日焼について】 朝日焼は約四百年前の慶長年間(桃山-江戸時代)に、小堀遠州の指導で始まり、「遠州七窯」のひとつとされます。初代陶作は朝日山の陶土を使用し、千利休や小堀遠州という茶人の活躍した時代に、大名や公家、茶人たちに愛用された茶碗や水指などの茶道具を制作しました。 その後も代々途絶えることなく宇治にて作陶し、江戸時代後期の八世長兵衛は、今の形の原型となる煎茶器を作り始めました。朝日焼は宇治のお茶文化の発展と共に育ってきました。これからも朝日焼では今までのお茶文化を大切にし、これからの茶文化と共に歩んでまいります。 サイズ  Φ92×84 mm 容量  80 ml 素材  磁器土 釉薬  青磁 焼成  登り窯「玄窯」 箱   紙箱 【注意事項】 ※こちらはStandard Collectiondです。焼き上がりのサイズや色味など少しの個体差はございます。特に登り窯で焼成したカップですので個体差は大きいです。貫入の模様が強いもの、全くないものもございます。お届けする商品はこちらの写真と同一のものではございませんので、あらかじめご了承ください。 (パソコンやスマートフォン環境により、写真の見え方に若干の違いが生じます。ご了承ください) ※はじめてご使用される前に10分程水につけてからご使用ください。焼き上がりのままお送りしております。そのまま使用されるとシミがつきやすいです。 ※ご使用後は毎回しっかりと水気を拭き取り、よく乾燥させてから保管ください。朝日焼は、お茶文化の中心地として知られる京都・宇治にある窯元です。宇治川をはさんで平等院の対岸、朝日山の麓にございます。
    8,800円
    LURRA˚
固定された記事

LURRA˚は、なぜ京都で挑戦するのか。 Vol.1

■まずはじめに 初めまして、LURRA˚の共同オーナーの宮下拓己といいます。 まずLURRA˚とはニュージーランド(以下,NZ)で出会ったJacob Kear,宮下 拓己と堺部 雄介による…

LURRA˚がミシュランを獲るまでとこれからのこと。

2020年10月6日、オープンから約1年4ヶ月。 このたびLURRA°は、「ミシュランガイド京都・大阪+岡山2021」に掲載される運びとなりました。 これも皆様のご愛顧のおかげで…

LURRA˚は、だから京都から発信を続けている。

まずはじめに 初めまして、LURRA˚の共同オーナーの宮下拓己です。 まずLURRA˚とはニュージーランド(以下,NZ)で出会った Jacob Kear、,宮下 拓己、と堺部 雄介によるレ…

LURRA˚を紡ぐ人たち〜中島光行さん(Community Store TO SEE)〜

LURRA˚のストーリーを紡ぐ人たちを紹介する事にしました。 宮下拓己(以下宮下)が様々な人に話を聞きながらLURRA˚を紹介していければと思います。 小さな短編を読む感覚…

Tableware (LURRA°)

日本の手仕事や美しい工芸品に僕は心惹かれます。 LURRA˚では様々な地域や作家さんの器を選んでいます。 営業中に作家さんの名前や購入可能なお店を聞かれることが多いの…

非日常という名の刺激的な日常

あたりまえのこと 美味しい物を食べて、無意識に笑顔になる。 美味しい物を食べて、感情を人と共有する。 美味しい物を食べて、美味しいと声に出す。 美味しい物を食べて…