見出し画像

みんなの声が集まるFC今治のマガジン 【Vol.20】 #みんマガ(海賊版)

全国のファンや関心層の方々のTweetやInstagram、Web記事などをまとめ、チームの作る公式メディアとは違う角度から1週間を振り返るハイライト「みんなの声が集まるFC今治のマガジン(海賊版)」Vol.20です。

今週末はTOPチームのリーグ戦はお休み。みなさんはどんな週末をお過ごしでしょうか? ニンスタに愛媛FCの試合観戦? それともコミュセンでオレンジバイキングスのバスケ観戦? 明日のFC今治レディースの観戦準備? とまぁ、JFLの試合がない週末でもいろいろありますよね! 

それでは、今週のハイライトいってみよー!

▶レディースリーグ戦明日(21日)から開幕

今シーズンより、四国女子サッカーリーグに昇格したFC今治レディース。明日の日曜日にリーグ戦が開幕します。初戦はアウェイで高松で四国学院大学香川西高等学校との一戦です。今年からFC今治レディースに名称変更を行い、レディースチームも今治モデルをさらに加速させて行く様子ですね。

レディースに対する注目度もだんだん上がってきている感じです。

こうやって、チームや選手が情報発信をしてくれるとさらに親近感が湧いてきますね。四国リーグでの戦いを応援しよう!


------✂------


▶サポーターの声

試合はなくとも、サポーターの皆さんは日常でFC今治について考え、発信することでより豊かな生活を送っている。そんなことを#FC今治のハッシュタグを追っかけると感じます。

自宅にFC今治応援ブースとか! これは毎日テンション上がるやつですね。

宮崎戦のPVに初参戦した感想。あの特異な状況をどう感じるか? そしてこの幸せな空間をどう発展させていくのか? ワクワク感すごいですよね。

パワースポットをめぐり、FC今治の必勝を祈願する。サポーターの鏡的な行動ですね。


------✂------


▶#もしFC今治がなかったら

先週Twitterで話題になったFC今治関連のハッシュタグと言えば、Asahara Tomoyaさんの #もしFC今治がなかったら

このハッシュタグで、FC今治が自分の生活に、今治に与えてくれたものを振り返るツイートであふれました。その様子をハッシュタグの主Asahara さんがnoteにまとめたのでそちらも紹介いたします。ぜひご覧ください。

FC今治があることで生まれたつながりや、自身の変化。私もFC今治がなかったら、毎週サッカークラブのまとめ記事を書くことなんてなかったと思います(笑)。


------✂------


▶こども新聞サミットにVoyageの記事

東京で行われた第3回こども新聞サミットに、松山市の小学6年生・河田君が「スポーツで自分のまちをもりあげよう」というテーマで議論する際に、FC今治のVoyageで活動する小学生に取材を行い、壁新聞にまとめて発表を行ったそうです。

これは、みんマガ小学生新聞作るフラグ? みんマガ編集部に河田君スカウトできないかな…。


------✂------


▶FC今治とは誰の夢なのか

作家・中村 慎太郎氏のサッカーツーリズム紀行文、今治編vol.2が公開されました。街中のホテルから夢スタまでなんと徒歩で行くことになった中村氏。何もない道のりの先にある夢スタ。そこに至るまでの心理描写に思わずグイグイ引き込まれる文章でした。


------✂------


▶瀬戸内海冒険プログラム

FC今治(株式会社今治.夢スポーツ)は教育事業にも力を入れています。サッカーだけでなく社会を担う若者にスイッチを入れる! その体験に今治のしまなみの自然はとてもいい舞台ですよね。

岡田会長の野外体験プログラムについての言葉は、いつ読んでもグッと来るものがあります。以下に抜粋を掲載いたします。

我々は皆、ご先祖様から氷河期や飢餓を乗り越えてきた強い遺伝子を受け継いでいます。

しかし我々豊かだと思ってきた社会、こんなにも便利、安全、快適な社会の中ではその遺伝子にスイッチが入らないのではないでしょうか?一つの公園の遊戯具でけが人が出たら、すべての遊戯具が使えなくなる。危険なものはすべて排除されている。こんなに守られていていつ強くなれというのでしょうか?

リスクにチャレンジし、困難を乗り越え、仲間と力を合わせて目的を達成した時の感動、若者たちに遺伝子にスイッチを入れるチャンスを与えたいという思いで始めました。


------✂------


▶選手のオフショットなど

最後は選手のオフショットなどを集めてみました。


------✂------

▶あとがき

今週のみんマガ(海賊版)いかがだったでしょうか? 楽しんで頂けたのなら嬉しいです。

シーズン中、試合のない週末はなんだかちょっとさみしいものですね。これもFC今治を応援しだしてから感じるようになった私の中の変化です。

しかーし、みんマガ編集があるので私のFC今治熱はキープされたまま、週末を過ごしているのでした。次のホーム戦に向けてやろうと思っていることをあれこれ考えるのも楽しいひとときです。ホーム戦は年間15試合しかないと逆算するとあっという間に今シーズンも終わりそう。考えていることいくつ実現できるかなぁ…頑張んなきゃ!

---

この記事を楽しんで頂けた方は、ぜひ「スキ♡」や「シェア」をお願いします!(更新のモチベーションUPになります!)

「♡」はこの記事の下にスクロールをした先にある"♡"をタップ、シェアはそのすぐ隣の「Tweet」や「Facebook」ボタンから行って頂く事が出来ます。

また、SNSでの投稿の際には「#みんマガ」や「#FC今治」のタグを活用頂けたら嬉しいです。たくさんの皆さんの声を集めて、これからもマガジンをつくっていきたいと思います。

バックナンバーはこちらからどうぞ~




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

リアクションはげみになります!
35
1973年生まれ、地方(愛媛県今治市)在住、妻・息子と暮らすおじさんの雑記です。 WEBでの活動は主にTwitter @lucky_jp 趣味のビデオゲームについてのnoteは→ https://note.mu/lucky_jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。