見出し画像

登山をはじめたキッカケ⛰

2020年5月末に初めて自分の意思で沖縄に帰ろうと思い、帰る3日前くらいにチケットを取って高校生になる妹のいる沖縄本島に行った。
これは帰らないと無理だと心の中が叫んでいた。それに従った。
したがって正解だった。日々のバイトに疲れていた。バイトも入れてたが休ませてもらった。バイトの人には感謝だ。体調不良と言った。熱はないけど休んでる自分に違和感。でも心が休みたいと叫んでいたから従った。この頃はオンライン授業は順調に行っておりむしろ楽しいと感じていた(書いてる現在はそうでもない)。

空港には人がいない。なんて自由なんだと思った。人がいない、嬉しいって感じた。本当だったら今はバイトしてるのにな〜でも沖縄に帰れるということでウキウキしかなかった。

ある一冊の本に出会った。
"20代にしておきたい17つのこと"恋愛編という本だ。その本の出会いが全て今を導くKeyだと今こうして書いてて思う。なんとなく手に取った。17という数字が好きだという理由で何か感じたのか購入した。飛行機の中で全部読み終えた。
沖縄で過ごして、帰る日は妹の学校登校日であった。彼女を見送り帰りの飛行機まで1人の時間ができた。TSUTAYAで借りていた映画を返すついでにこの先程の本のシリーズの恋愛編じゃないものをTSUTAYAの一階の本屋でみつけ手に取り購入した。その本に"没頭できる趣味を見つけよう"という項目があった。それがKeyである。
趣味探しか〜と思い、何が好きなのかを書き出した。そこで閃いた💡最近、無人島のバライティー番組をYouTubeで見ていた。本当に気が狂うほど見ていた。見てるとあれっ、昔見たことある気がする。と感じたシーンもあった。無人島に行きたい!と思いネットで検索。ジモティーというサイトにたどり着いた。へ〜、こんなサイトあるんだ。よくわからないけど無人島の募集があるから応募してみよう。ポチッ!カシャ!返信は来ませんでした。あ、縁がなかったんですね。と諦めた。
ジモティーの中でまたある項目を見つけた。登山しませんか?見てみると家から近い!お、これはいいかも、家から近いし!って思ってまたポチッ!カシャ!ってやった。すると縁があったのか返信が来た。そこから私の登山へ道が開かれました。
いつだったかは明確には覚えていないが応用栄養学という授業でクラス担任の授業だったということもあり聞くようにしていた。すると、環境についての話があって富士山の話がでてきた、なんとなく隣に座っていたHさんに富士山登ろうよ!ってどちらかがそう言った。自分だったかもしれない。それを思い出して私はその友達と富士山行くという目的もある登山への道を切り開こうと思ってポチッ!カシャ!をしたのだった。

今はその出会いが素敵な出会いであると感じている。

自然が好きだ、森が好きだ、山にいるとまた自分と向き合う、自分との戦い場面もあり、開放感というかありのままの自分が出せると感じる。これまで2度登った。初めて登ったときはもちろん疲れたがランニングする疲れとはまた別物、最高だと感じた。2回目は幸せだと感じた。この開けた世界が今後どうなっていくのか楽しみだ。
でも、不安もある。どうなるか自分で選択した道であるため違った道かもしれない。今まで結構、家族に主に相談してきた。やっぱそう思うならそうしようが多い。自分で決めてないのだ。ホントの自分はどういってるのかあまり向き合っていない。

この一週間の休みでは自分で答えを出せてきたと思う。←自信なさそう。成長してる。うん、成長だ!

これからは大事なことは、人から言われて動くんじゃなくて、自分で決めて動くことを大切にする。これができてない自分をまずは受け入れて改善していく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
大学生20歳 関西在住 記事、読んでいただけたらうれしいです。