見出し画像

創作ゲームを作って遊ぶ! 実践編3

ゲーム名:栞(しおり)ちゃんはどこにいる?

家にある本と栞(しおり)を使って、栞のさされたページを推理して当てるゲームです。

用意するもの:本(中にページ数が書かれたもの)、栞(しおり)になるもの。

しおり2

準備:特になし

ルール:本に途中適当な場所に栞を挟みます。栞の位置は見えるように挟んだ方が推理が出来て面白いです。皆で栞が挟まれたページ数を推理して当てます。本の性質上正解は2つあります。正解者は10点、正解者がいない場合か正解者意外は一番近いページ数を当てた人が6点獲得します。3回プレーをして最高得点を獲得した人が勝ちとなります。

画像2

栞は何でも好いので、本さえあれば、どこでも誰とでも遊べます。

子供が遊ぶ時は薄手の本の方が当たりやすいですね。大人向けなら数百ページある厚手の本の方が楽しいかも。ぜひお試しあれ。

この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。読んでもらって嬉しいです。
8
東京の西のはずれ、奥多摩でボードゲーム作家をしています。2018年突然「多発性筋炎」という難病になりなりました。その記録として「脳」に視点を置きながら、ゲームと病気についての日記を書くことにしました。お見知りおきください。

この記事が入っているマガジン

創作ボードゲーム考
創作ボードゲーム考
  • 22本

25年続けてきたボードゲームの創作活動について書いています。ゲームを作るコツやアイデアなど、ゲームを作ってみたい人に、ちょっと参考になる記事が書けたらいいな。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。