“思い込み”という脳の働き〜あるはずのものが見えなくなる?
見出し画像

“思い込み”という脳の働き〜あるはずのものが見えなくなる?

LISA

こんにちは、LISAです。

昨日、犬とお散歩へ行こうと思って、
首輪とリードを準備し…ようと思ったら
いつもの場所(玄関の外のケース)に
ありませんでした。

時々違う場所に置いてしまうことがあるため、
「あれ?どこに置いた?」
玄関内の椅子の上や、リビングまで
探しまわりましたが見つかりません🤔

「昨日散歩の後、どこに置いたかな?」と
家族にメールをして、
外に出たり家の中に入ったりして、
玄関を行ったり来たり。

5分以上うろうろ。

その後、突然発見。

ナント場所は、玄関の床の上!Σ(゚д゚lll)

画像3

↑ 私はこれを何度も跨いで
又は、それを避けて行き来していたことになります。

画像2

↑ 私の脳には、こう見えていたということ…🧠

もう怪奇現象にしか思えません😱

ーーーーー

子供の頃、姉が物をよく失くす人で、
誰に教えてもらったのかは分かりませんが、
「にんにく! にんにく!!」
と叫んでいる声が聞こえると、
「またなにか探してるな」と思ったものです。

画像3

=探し物をする時のおまじない=
 なくしたものを頭の中に思い浮かべて、
「ニンニク、ニンニク」と唱えながら探します。

これは、物がなくなるのは悪い魔女が隠しているから、という考えによるもの。
魔女が嫌いなニンニクがそこにあるように見せかければ、魔女が退散してなくなったものが出てくる、というおまじない。
なくしたものが一番ありそうな場所で試すと良い…らしい。

ーーーーー

高校生位までは、時々鉛筆や消しゴムなど、
比較的小さな物が見つからなくなりました。

今まで使っていたのに、どこへ(・・?)
と教科書やノートをひっくり返していると
なぜか突然、目の前に現れる。

パラレルワールドに行ったから見えなくなっちゃったんだよ…などと言う友人もいましたが、
それを信じたくなるほど、本当に不思議でした。

画像4

ーーーーー

大人になってからは、
あまりこういうことは無かったので、
今回の首輪紛失事件はとても久しぶりの感覚。

ただ、子供の頃はともかく、
今の私にとっては、パラレルワールドより、
脳のエラーまたは老化、もしくは両方?!
の方が納得いきます。

“玄関の床の上なんかには絶対無い”
きっと、そんな私の思い込みがあったのでしょう。

今からこんな感じでは、
いつか頑固な年寄りになりそうで、
こわ〜い(>_<)

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
LISA

あなたにいいことがありますように!

役目を終えて屋根から降りた鬼瓦より「ありがとう!」
LISA
初めましてLISAです。美味しいものが好きで、お庭を掘り返して家庭菜園をやってます🥬。自分のためには料理をしませんが、食べてくれる人がいると張り切ります🍳。映画も好きで、気に入った作品を繰り返し見ます🎬。あと毛の生えた動物が好きで、子供のころからいろんな動物を飼っています🐶🐱🦜🐰