犯罪都市グライムの諸相

 ああ、クソ。とにかく最悪な目覚めだった。

「吸い込まれる!」「助けてーッ!」「銃が足りねぇぞ!」叫び声に起こされた俺は、半日モノのコーヒーを飲み干して宿の二階の窓から外を見た。

 クジラだ。

 永遠に渇した砂の街で、クジラが人を食っている。俺は荷物をまとめて宿と街から逃げ出そうとしたが、階段を降りたところでテンガロンの女が足で遮った。

「名前」

「オルダス」

「身分は?」

「〈通過〉」

「私はアルマ。オルダス、お前は今から〈新参〉だ。この街の規則だ、あの化物を殺すぞ」

「クジラをか?」

「多分な。銃を持ってきな、二十秒待つ」

「いや、ここにある」

 内心毒づきながら小銃を見せるとアルマはニヤリと笑い、俺を連れて現場に移動した。

 酷いものだった。地面も壁も、抗戦した市民の血と肉で塗りつぶされていた。不運にも形を残して死んだ市民の目は、ハゲタカのおやつと化した。

「構えろ」

 これが、犯罪都市グライムの日常だった。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
🐙スキありがとうございます🌵
4