見出し画像

山形大学 2020年 国語 (人文社会科学部)【大学受験過去問攻略 解答解説】

入試問題の現代文(評論・論説)の解き方については最初に次の記事をご覧ください。

kokugo-gendaibun.hatenablog.com


2020年の山形大学国語(人文社会科学部)の大問三を見ていきます。


小熊英二編著『平成史』に収められている貴戸理恵「子ども・若者と「社会」とのつながりの変容」からの出題です。


問題は3つだけですべて記述式ですが、作りがどれも同じです。


本文の二項対立構造を掴んだ上で、その一方の補足説明や具体例を聞く問題が並んでいます。


本文は二項対立のそれぞれの説明をずっと続けていますが、出題者は本文に出てくるどちらの事例がどちらの側にあり、どのように対比されているか、受験生が整理しながら読めているかを聞いているのです。


それでは早速解いていきますので、問題をお手元にご用意ください。

ここから先は

1,961字

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?