【Vol.1】JOOiで活躍するデザイナーさんへインタビューしてみました!

こんにちは!JOOi広報担当です。

JOOiがどんなサービスか皆さんに知ってもらいたい、JOOiの素晴らしいデザイナーさんをご紹介したい、という想いから、登録デザイナーさんへのインタビューシリーズをスタートします!

初回を飾るデザイナーさんは、Webはもちろんグラフィックデザインも得意な河野さんにインタビュー。
JOOiに登録したきっかけや、サービスを使用した感想についてお伺いしました。

画像1

河野さん
安心してクライアントにご提案出来るJOOiデザイナーの1人。
クライアントの意図や思いを汲み取り、思考・工夫してデザインしてくださる信頼出来るデザイナーさんです。

-略歴-
国際デザインカレッジ専門学校卒業後、グラフィックデザイナーとして出版社兼代理店に新卒入社し3年勤務し、その後制作会社に転職して3年勤務(WEBデザイン&動画制作を学ぶ)
その間、副業で個人での案件もこなしていたが、2020年フリーランスとして独立。

実績例

画像3


JOOiに登録しようと思ったのはなぜですか?

河野さん:
SNSで知ったのがきっかけです。自ら営業を行わくても案件を紹介してくれ、ディレクターがクライアントとのコミュニケーションを取ってくれることにより制作に専念できるというメリットしかないと感じました。
また、見積もりや契約等書類類といった通常はクライアントとの間で何度も起こる処理を担って頂ける点も魅力の一つでした。

実際に登録してみて、よかったと感じたのはどういった部分ですか?

河野さん:
自分の実績や経歴、スキル、制作費の目安等を入力し、それをクライアントに公開することにより、お見積り等のやり取りや交渉の手間を削減でき便利なシステムだと感じました。
ディレクションを行っていただける場合、デザインやコーディングの知識を持ったディレクターさんが、こちら側の意図を汲み取ってくれるためスムーズに案件を進行できる点も魅力です。案件の詳細や、ワイヤフレームなどもしっかり組んでくれるので迷いなく制作を行えます。
また、WEB制作だけでなく、ロゴやパンフ等の案件もあるので、デザインの入りがグラフィックだった自分にとってはそのスキルを活かすことができることも良かったと感じます。


➖ 他のデザイン受注サービス(よくあるクラウドソーシング)との違いを感じた部分があれば教えてください。

河野さん:
一番の違いは価格帯と案件の信頼性だと感じています。
他のクラウドソーシングサービスなどと比べて、正当な制作価格で案件を受注できます。
またクライアントとの間にディレクターまたはコーディネーターが入ってくれる為、クライアントとの直接の顔合わせがなくても安心&信用して案件を進行できます。


➖ インハウスデザイナーとしてのお仕事との違いは何ですか?

河野さん:
案件ごとの業種の幅が広く様々な業種の案件を受けられるので、
自分の経験、スキル、実績の幅を広げることにメリットを感じています。
また場所や時間に縛られず作業ができるため、不自由なく自分らしく働くことができるのがインハウスとの違いです。


➖ 今現在、JOOiでどのぐらいの収入比率を占めていますか?

河野さん:
その月々にもよりますがフリーランスとして受注している案件の2〜3割です。

➖ ありがとうございました!


画像3

JOOiでは、優秀なデザイナーさんを募集しています。我こそは、という方は是非以下のURLからご応募ください!
https://form.run/@ud-designers


・JOOiデザイナーLP
https://jooi-work.io/designer/

・運営企業サイト
https://libase.jp



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
#もうデザイナーに営業活動は不要 でお馴染みの、デザイナー案件獲得プラットフォームJOOiです!よくある派遣モデルなどではなく、完全リモートOKの案件単位でご紹介!弊社のコーディネーターがクライアントとデザイナーをつなぐため営業不要で毎月安定して案件を受注可能!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。