見出し画像

レズっ娘グループの仲間になるかもしれないあなたへ(レズ鑑賞クラブティアラ:まりん)

「レズ風俗店」ーー多くの人にとっては、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするお店は全国的に少しずつ増えてきていますが、そのなかでも際立っているのが「レズっ娘グループ」です。長い歴史と実績のある「レズっ娘クラブ」を筆頭に全国で3店舗を展開していて、利用する女性にはレズビアン、バイセクシャルだけでなく、異性愛者もいます。
レズっ娘クラブがお届けするnoteコラムシリーズ『レズ風俗ではたらくカノジョたち』では、女性なら一度は味わいたいレズ風俗の魅力とキャストたちの想いを発信していきます。

第5回目は、第3回を執筆したレズ鑑賞クラブティアラのまりんちゃんによるコラムです。まりんちゃんにとって卒業前、最後のコラムになります。

はじめまして、レズ鑑賞クラブティアラのキャストのまりんと申します。

あなたがこの記事を読む頃にはもう元キャストかもしれませんね。
私は2年前の3月に入店し今月末に卒業を控えているキャストだからです。
このタイミングで御坊さん(※レズっ娘グループ代表)に求人に関するコラムを書いてみないかというお話をいただいたき、このようなコラムを執筆する運びとなりました。

このnoteで以前鑑賞コースについてのコラムも執筆させていただきましたので、ティアラのキャストになりたいと思っている方はそちらも参考にしていただけるかなと思います。

まず、このコラムのタイトルについて。
レズっ娘グループではキャストとお客様が直接連絡を取ることは禁止されているので、ご予約をいただいたときやお会いした後には「〇月〇日〇時からお会いするあなたへ」という風なお礼の記事をブログに書く文化があるんです。
この記事は、いつもとは違ってレズっ娘グループへの応募を検討してくれているあなたに向けたものです。

レズっ娘グループに応募されるにあたり、ルール等の確認は求人ページでしていただくものなので、2年間キャストを経験した私だからこそ書けることを書こうと思います。
※ルール確認は必ずしっかりして下さいね。そうでないと1次選考で落ちてしまうので……!

普段キャストブログは誰も置いてけぼりにしないことを意識して書いているのですが、今回のコラムはそのスタンスはやめようと思います。
なぜなら、お客様としてはどんな方も大歓迎ですが、キャストとしてはそうではないからです。
私はレズっ娘グループを誇りに思っているからこそ、もしかしたら少し厳しいことも書いてしまうかもしれません。
でも、最後まで読んでいただけるとすごく嬉しいです。

求人広告とかって大抵いいことばかり書いているものだと思うので、ここでは2年間キャストをやったからこそ書けることを赤裸々に書いていきますね。

まず、「レズ風俗って楽で稼げそうな仕事だなぁ。」と思う方は、ここで働くことには向いていません。
すごく楽しいお仕事ではありますが、決して楽ではありません。
お客様としっかり向き合うことはやっぱり少なからず体力を使います。
そして、そうしないとお客様にすごく失礼だとも思います。
お客様の貴重なお時間とお金をいただいているので、適当な気持ちではお会いしてほしくないです。

次に、ブログを毎日更新できるかどうかを一度考えてみてほしいです。
キャストブログの更新は任意ではありますし、更新頻度はキャストによって様々です。
ただ、本指名のお客様が多くはないであろう新人期間は特に、ほぼブログを更新しないでいると、ご予約をいただくことはなかなか難しいと思います。
私はありがたいことに新人期間からそれなりに順調にご予約をいただくことができたのですが、それは毎日欠かさず1・2回ブログを更新したおかげでした。完全顔出しなしのこのグループでは、お客様は主にブログとレビューで指名するキャストを選びます。はじめは誰しもレビューはあまりないので、ブログを頑張るしかないわけです。
私はもともと文章を書くことが好きなのですが、それでも半年間毎日しっかりとした文章を書くことは簡単ではありませんでした。
でも、これは脅したいわけではないんです。
特に新人期間はブログはなんとか頑張ってほしいなと心の底から思うので、こう書いています。
もしブログの書き方が分からない場合は御坊さんや先輩キャストに相談するときっと良いアドバイスを得られると思います。文筆家になることを求められているわけではないので、やる気があればなんとかなると思います!

あとは、「他人に興味があるけれど他人と自分とを個と個としてうまく切り分けて考えられる人」がキャストに向いているんじゃないかなと私は思います。
多種多様な方が会いに来てくださるので、そういうタイプの方がうまくバランスをとれると思うからです。
これに関しては、違うタイプのキャストさんもいらっしゃるとは思いますが……!

なんだか厳しいことをいくつか書きましたが、それでも働きたいと思う方は是非応募してみてほしいです!!
採用後は、御坊さんをはじめスタッフさんや先輩キャストがバックアップしてくれます。
御坊さんはどんな相談でも聞いてくれますし、他のキャストに「こういうときどうしてる?」と聞いてくれたりもしますし、もし危ない目にあったりしたときは守ってくれます。
キャストと店のことを守ろうという気持ちが強い御坊さんの下で働くのは、すごく安心感がありました。
お店の運営に関することも少し意見を出すと取り入れてくれたりしますし、キャストの意見をかなり尊重する店だと思います。

私がティアラを卒業するのはこのお仕事が嫌になったからではなく、本業が多忙を極めて両立が難しくなるからです。時間が許すのであれば、全然卒業なんてしたくないです。(私はちょっと忙しめな社会人をしながら副業としてキャストをしていました。)
今は毎日卒業を迎えるのが寂しいと思っていますし、ご案内中に私を送り出して下さる言葉を聞いて感動して泣いてしまったり、他のキャストまで泣いてくれたり、お客様とふたりして泣いたり、そんな日々を過ごしています。きっと、これを読んでいるあなたは「そんなことある!?」って思いますよね。「風俗店でそんなにハートフルなこと起きる!?」って思いますよね。私も入店前はそう思っていました。でも、そんなことあるんです。びっくりですよね。
決して楽なお仕事ではないですが、私はティアラでたくさんのことを学び、たくさんの愛を注いでいただき、たくさんの幸せをもらいました。
2年間という限られた期間ではありましたが、今後の人生に良い影響をたくさん与えてくれる経験だったと思います。

この記事を読んで、「私もレズっ娘グループで働いてみたいな。」と思ったあなた。
レズっ娘グループはそんなあなたのご応募を心よりお待ちしております。

一歩踏み出して、人生を変えてみませんか?

★★★今回のコラム執筆キャスト★★★

今回コラムを執筆したのは、レズ鑑賞クラブティアラのキャスト、まりんちゃんです。

整ったお顔立ちでナイスバディなまりんちゃん。聡明な印象を受けますが、明るくてお話も盛り上げてくれる女の子なので初めての方も安心です。

2021年3月末をもって、レズっ娘グループレズ鑑賞クラブティアラを卒業。

★★★レズ鑑賞クラブティアラについて★★★

レズ鑑賞クラブティアラは、2010年4月に大阪ミナミにオープンした、女性専用風俗(レズ風俗)『レズっ娘クラブ』の姉妹店。

本店であるレズっ娘クラブではご案内できない、男性のお客様がご利用いただける「レズ鑑賞コース」や「レズバトル鑑賞コース」、男女カップルのお客様がご利用できる「カップルコース」などを設けたお店です。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
24
2007年創業、大阪ミナミの老舗レズ風俗「レズっ娘クラブ」のアカウント。