見出し画像

肌にふれることの大切さ (レズっ娘クラブ東京店:はるね)

「レズ風俗店」ーー多くの人にとっては、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするお店は全国的に少しずつ増えてきていますが、そのなかでも際立っているのが「レズっ娘グループ」です。長い歴史と実績のある「レズっ娘クラブ」を筆頭に全国で3店舗を展開していて、利用する女性にはレズビアン、バイセクシャルだけでなく、異性愛者もいます。
レズっ娘クラブがお届けするnoteコラムシリーズ『レズ風俗ではたらくカノジョたち』では、女性なら一度は味わいたいレズ風俗の魅力とキャストたちの想いを発信していきます。

第4回目は今年レズっ娘クラブ東京店に入店した、落ち着いた大人のお姉さんキャスト、はるねさんのコラムです。

突然ですがみなさん…
最近、人とふれあっていますか?

現在、コロナ禍で人とふれあう機会の少ない世の中になっています。そんな中、私がレズビアン風俗キャストというお仕事を通して「ふれあうことで得られた学び」を綴っていきたいと思います。

自己紹介が遅くなりました。初めまして。はるねと申します。レズっ娘クラブ東京店でキャストをしております。といっても、今年(2020)の6月に入店したばかりの新人期間真っ最中の新人キャストなのですが、優しく接してくださる代表の御坊さんはじめレズっ娘グループの方々そしてお客様たちのおかげで、楽しく、気持ちよくこのお仕事をさせていただいています。

初めに、「レズビアン風俗」という言葉をご存じない方のために簡単に説明しますね。レズビアン風俗(いわゆるレズ風俗、女性用風俗)は、女性キャストが女性のお客様に性的なサービスを提供する業種です。私の在籍しているレズっ娘クラブ東京店では性的サービスを提供する「ビアンコース」に加えて、デートを楽しむことができる「デートコース」があります。
姉妹店のティアラの「レズ鑑賞コース」やカップルで楽しむことができる「カップルコース」については、ティアラのまりんさんが書いていらっしゃるコラム、「ようこそ、レズ鑑賞の世界へ。」をよかったらご覧ください。


さて本題に入ります。今回このコラム企画への参加を決意したものの、新人期間中である私が何を書けるだろう…と考えていると、このお仕事を始めてから半年足らずという短い間にも、お客様との関わりの中で「人とふれあう」ということについて感じたことがたくさんあったことに気付きました。
ということで、私の人生で初めてのコラムは「ふれあうこと」をテーマに書いてみたいと思います。拙い文章ではありますが、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

改めて質問します。
最近、人とふれあっていますか?

そもそも触れ合うってどういうことなのでしょうか。私も上手く説明できないのでGoogle先生に聞いてみました。
「触れ合う」とは、①互いに相手に触れる。②親しく交わる。心を通わせる。以上、2つの意味があるそうです。シンプルかつ的確ですね。私が言いたかった触れ合いの意味もきちんと含まれています!Google先生、流石です!

まず、"①互いに相手にふれること"について考えてみます。
日常の中で誰かと実際にふれあう(肌と肌を重ねる)機会って意外と少なかったりするのではないでしょうか?私は普段の生活の中で人とふれあう機会はほとんどありません。このコロナ禍でその機会は更に減っていて、会社に行って同僚や上司と話す程度の日々です…。特に最近は会話も必要最低限になっていたりしてとても寂しく感じています。

"②親しく交わる・心を通わせる、心理的なふれあい"の方はどうでしょう?
私がこのお仕事を始めてまず気付いたことは、人肌の温もりと心との関係性です。私たちレズ風俗キャストのお仕事の根幹は、身体と心に癒しをお客様に提供することだと考えています。コミュニケーションを楽しみながら、体を重ねる。肌と肌が密着し、お互いの体温を感じあう――その素晴らしさ、価値の大きさは想像に難くないのではないでしょうか。

では、心理的なふれあいとは具体的にどういうものなのでしょう?
とても嬉しい事に、私に会いに来てくださった方々から「癒された」という言葉をいただくことがあります。手をつなぐだけで「ほっとする」「安心する」、裸で抱き合うだけで「心地良い」「気持ちいい」と多くの方が言ってくださいました。どうやら身体のぬくもりは心のぬくもりと繋がっているようです。
また、これは豆知識なのですが、身体に優しく触れると脳からオキシトシンという不安やストレスを緩和させる効果のある物質が出されることが判明しているそうです。(オキシトシンには他にも痛みを和らげる、脈拍や血圧を安定させるという効果に加え、接触抑制作用もあるそうです。肌と肌の触れ合いは美容にもいいそう…!つやつやになっちゃいますね!!)
ということで、(過度なダイエットは禁物ですが、)医学的にも私の考えは確かだったようです。やったね!

コロナ禍の今、人と人との間に距離のある世の中になっています。迂闊に外に出られず家に引きこもり、そして心を病んでしまい、身も心もいっそう閉じこもってしまう。そんな負のループに陥ってしまいそうになります。このコラムのテーマである「ふれあい」が失われがちな状況…。

でも、人と人との繋がりは失われてはいません。直接会えなくても心を繋げる手段があります。例えば、手紙や電話などもそのひとつですね(今の自粛ムードでメッセージカードの売れ行きがよいそう)。文章にしたためることで、想いが形として残り、何度も読み返すことができます。そして電話はリアルタイムで相手の声を聞き、すぐに伝える事ができます。声色や声質で相手の様子を伺い知ることができます。
私は今でも時折友人と手紙や電話のやりとりをする事がありますが、どちらの手段も相手のことを感じることができ、温かな気持ちにさせてくれます。
今は、インターネットも人と人を繋いでくれています。私も最近、リモート飲み会というものをしました。部屋には自分ひとりで画面越しに顔を合わせるだけだからちょっと味気ないんだろうなぁと思いながら迎えたリモート飲み会は、私の想像より良いものでした。お互いの表情が見え、心は近くにあるような安心感が得られました。

そして思ったのは、人との繋がりを意識することが今私たちにできることであり大切なことなのではないか、ということ―――――
なかなか人と直接会うことのできない今のこの状況で私はひとり自分を見つめる時間が多くなり、視野が狭くなって悩みに囚われ、塞ぎ込んでしまったり理由もなく落ち込んでしまいそうになっていました。
でも、自分から他者へ、内から外へと視線を向けることで感情が動かされ、新たな発見も生まれ、そこから抜けだすことができました。
私がキャストをしているレズっ娘クラブでも、文通や電話のようなことができるサービスが新しくできて、このコロナ禍でも心を通じ合わせられる機会が得られて嬉しく思っています。会えなくても、こういう形でも、人とのふれあいは私の心を温めてくれています。お客様も同じように感じてくださっていたなら嬉しいなと思っています。


心と心のふれあいも素晴らしいものですが、私はやっぱり実際に肌にふれることが大好きです。

数年前、仕事に追われて心が渇いてしまったことがありました。泣く余裕もない、そんな自分の状態に気付くこともできていませんでした。
ある日友人が、ぼろぼろになっていた私の背中にポンっと手をおいてさすってくれた瞬間、張りつめていた心が解きほぐされて、勝手に涙が溢れて止まらなくなりました。ほんとうに、蛇口をひねったかのように。その時の布越しに感じた手の温かさと、不思議な安心感をを今でも覚えています。私は人前で泣くことがほとんどなかったのでとても記憶に残る体験でした。

そういう経験もあって、今キャストとして接客する中でもふれるということをとても大切に思っています。
デート中や移動中に手を繋いだり、ホテルのお部屋に入った瞬間服を着たままハグしたり、お風呂のお湯をためている時間に膝枕をしたり、服を脱がせている時に何度も肌がふれあったり、湯船の中で密着してみたり、プレイを終えた後、肌がふれあったままぼーっとしたり
プレイの時以外の時間にも肌にふれる機会が何度もおとずれます。

相手を包み込むつもりで抱きしめると、逆に自分が抱きしめてもらっているような感覚に包まれます。体温をは心もじんわりと温めてくれて、安心させてくれます。心細いときは、人肌にふれるだけで泣きそうになるくらい温かい気持ちで満たされます。
一度繋がったら、心が潤った記憶がじんわりと私の中に、そしてあなたの中に残るはずです。

あなたはふれあうことで安心したり、泣いてしまいそうな気持ちになったことがありますか?
人の肌にふれていますか?

もしも今、そういう機会が充分に得られていないものだとしたら、補い、充たされてほしいと願っています。
人の温もりやそれを通しての心の変化を、心と身体の癒しを与えてくれる「ふれあい」を、本当に大切にしていきたいと私は思っています。それは心の栄養剤になる、と信じています。
寂しすぎても、寂しすぎなくても、心の栄養を摂取するひとつの方法として、レズ風俗の扉を開いてみませんか?
私は、この文章を最後まで読んでくださったあなたを待ってます。


★★★今回のコラム執筆キャスト★★★

今回コラムを執筆したのは、レズっ娘クラブ東京店キャストのはるねさんです。
普段のブログもとても丁寧な、和やかで柔らかな雰囲気が心地よい大人の女性です。


★★★レズっ娘クラブ東京店について★★★

レズっ娘クラブ東京店は、2007年に大阪ミナミにオープンしたキャストもお客様も女性のレズビアン風俗店(女性用風俗店)レズっ娘クラブ大阪本店の姉妹店です。
レズビアンやバイセクシュアルの方に限らず、18歳以上の戸籍上女性はどなたでもご利用いただけます。
在籍キャストと友達気分・恋人気分でデートを楽しんだり、女性のお客様にヘルスサービス(ビアンコース)を提供しています。
姉妹店として他にもレズ鑑賞クラブティアラ(大阪)があります。


この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!ありがとうございます!
44
2007年創業、大阪ミナミの老舗レズ風俗「レズっ娘クラブ」のアカウント。