コモディティ化されたシステム開発のその先へ - メンバー紹介 小林
見出し画像

コモディティ化されたシステム開発のその先へ - メンバー紹介 小林

Legalscape

はじめまして。Legalscapeでソフトウェアエンジニアをしている小林です。
気がつけば10月も終盤に入り、あと1ヶ月もしないうちに入社から一年が経過します。

仕事内容などは小宮の記事久本の記事に詳しいので、本記事では僕がLegalscape入社を決める際に重視していた点を通じて、Legalscapeの組織・文化・価値観の一部分でも感じ取っていただければと思います。

自己紹介

本題に移る前に軽く自己紹介をさせてください。

大学では理学部情報科学科、大学院ではコンピュータ科学専攻に在籍、アルバイトでは大学2年の頃から中小企業でコーディングをしており、根っからのソフトウェアエンジニアです。(余談ですが、今では学生が中小企業でエンジニアとして働くことはインターンという名目で一般的ですね。時代の違いを感じます)

ちなみに、弊社には大学・大学院の同期が3人いて、特にCTO城戸とCEO八木田は大学院時代にベンチャー企業で一緒に働いていたこともあります。
大学院卒業後はサイバーエージェントに就職し、広告配信プラットフォームの開発やコマースアプリの開発などを行っていました。

こうして書いてみると大学の頃からプログラミングしかしていないのを実感します。

転職活動時に重視していたこと

Legalscapeに入社した決め手は他にもありますが、`Legalscapeの組織・文化・価値観` を感じていただけるものをピックアップします。

これから事業とともにグロースする(≒小規模な)システムであること

近年、プログラミング学習環境の改善やクラウドサービスの発達により、システムを作ること自体のハードルが下がっていると感じています。(近年と言っても僕がプログラミングを開始したのは10年弱前なので、先輩方からしたら大した変化はないだろうと思われるかもしれません)

たとえば、一昔前は大規模データを取り扱うにはFluentdやHadoop等を自前で運用する必要がありましたが、最近はCloud LoggingやBigQueryを使うだけで簡単にそれが実現できてしまいます。(ちなみに弊社ではGCPを使用しております)

こうしたシステム開発がコモディティ化されつつある中で、自分が今後どのようなエンジニアになりたいか、どのような点で自分のバリューを出せるのかを考えた時に、システム開発における意思決定の難しさに思い当たりました。

我々ソフトウェアエンジニアは仕事としてプログラミングをしている以上、予算や工数、締め切り等と向き合いつつシステムを開発しなければいけません。「俺の考えた最強のシステム構成」を実現するのはとても楽しいのですが、「それって今本当に必要なんだっけ」「余分な部分を削ればもっと他に重要なタスクをこなせるのでは」といった観点が重要になります。急速に成長する事業でこの意思決定を何度も何度も正しく行うのは想像以上に難しいのではないでしょうか。

こうした経緯から、「事業と共に成長するシステム」に携われることを重視していました。Legalscapeは2021年6月(入社後)に正式版をリリースしたばかりであり、これからグロースの余地しかないといっても過言ではありません。

「9時5時」を強制されないこと

Legalscapeでは時間通り働いているかどうかより締め切りまでにタスクが終わっていることを重視します。(念の為ですが、残業しまくって終わらせろという意味ではありません)

ワーケーションに行ったり(なお、あまり仕事はできなかった模様)、平日にバドミントンをしたり(都内だと土日の体育館は混んでいてとても不便)と、良いワークライフバランスを保っています。(僕の場合はそのぶん深夜や土日に仕事することもあります)

画像1


自分以外には、小さなお子さんの居るメンバーが保育園のお迎えで早めに退勤していたりもします。

(後付的ですが)チームが信頼できること

先述したとおり、CEOとCTOは一緒に仕事していたことがあります。
CEOはロジカルに説明・意思決定を行い、説明を求めればそれに基づいてわかりやすく説明してくれます。

CTOはエンジニアとしてとても能力が高いのは言うまでもなく、与えられた制約のなかでやりたいことを実現するというベンチャー企業で大事(だと僕は考えています)なことが上手です。

この二人をはじめとする優秀なメンバーの揃ったチームであれば、必ずいいプロダクトが作れるだろうと信じています。

まとめ

僕が転職時に意識していた点から、Legalscapeの組織・文化・価値観を感じ取って頂けそうなものを紹介しました。これからグロースするチームという話をしましたが、実際すでに大手事務所・大手企業への導入や、国家プロジェクトへの参画なども含め、勢いを持って進んでいます。僕たちは10人弱のまだまだ未成熟なチームで組織面もシステム面もこれから伸ばしていかなければいけません。というわけでLegalscapeは採用を強化しております!!!!興味がある方は以下のページをご覧ください!!!


Legalscape
リーガルリサーチにおいて、法務パーソンの皆様がもつ高度かつ複雑な法律情報収集ニーズに応えるための次世代の法律情報検索・閲覧システム「Legalscape」を提供している企業のメディアです。 https://www.legalscape.co.jp/