Legalscape に入社して 1 年が過ぎました
見出し画像

Legalscape に入社して 1 年が過ぎました

Legalscape

ご無沙汰しております、もしくははじめまして。ソフトウェアエンジニアの小宮です。早いものでして、私が昨年の 7/1 に Legalscape に入社して 1 年が経過しました。

先月 6/1 にリーガルリサーチシステム「Legalscape」の正式版をリリースいたしまして(もちろんこれからも新機能の導入や既存機能の改善といったプロダクトの開発は続いていくのですが)少しはひと息つける状況になりました。そういうわけで近況とこの 1 年間の自分のお仕事の振り返り、そしてこれからのことを記事にしてみることにします。

担当する技術領域

現在 Legalscape には 5 名のフルタイム勤務なソフトウェアエンジニアが在籍しています。みなそれぞれ得意な技術領域を持ちそこに軸足を置きながらも、プロダクトの開発においてはその技術領域にこだわらず様々な領域に手を出して開発しています。

かくいう私も得意な技術領域をバックエンドアプリケーションとしていますが、バックエンドだけではなくフロントエンドアプリケーションに手を入れることもありますし、検索担当のソフトウェアエンジニアがいない現状では検索システム (Elasticsearch) の諸々に手を出すこともあります。またインフラストラクチャー周辺を担うエンジニアもまだいないので、必要なインフラストラクチャーは Terraform コンフィギュレーションを書いて自分で用意するなどしています。

プロダクトの運用についても誰か一人が担うというわけではなく、ひとたび障害が起こればみんなで寄ってたかって原因を調査して障害復旧に努めたりとワイワイ楽しくやっています。

・・・

さて突然ですが、ここで【募集のご案内】がございます!

Legalscape ではただいま、Software Engineer (検索)、いわゆる検索エンジニアの募集をしています。

我々が提供するプロダクトは、ユーザーが必要としている法律情報にいかに早くかつ効率的にたどり着くことができるかが利便性を大きく左右する要素の一つになります。特に膨大な法律情報の中からユーザの求めに応じた情報を見つけ出す検索技術は現状に満足することなく、常に磨きをかけ続けていく必要があります。そのためには検索技術に強みを持つソフトウェアエンジニアの存在が欠かせません。

そういうわけで、現職で検索エンジニアとしてご活躍中の方、もしくは検索システムについて知識はあるけど現職では活用できておらず燻っているそこの貴方! チラ見するだけでも構いませんのでこちらの求人を覗いていってみませんか?

・・・

ソフトウェアエンジニアとしての 1 年間

スタートアップ、それもまだ社員数が一桁台のフェーズの組織となると、ソフトウェアエンジニアの働き方は 1 つのタスクに長時間じっくりと取り組み完璧な 100 点の解決策を目指すのではなく、短期間で 80~90 点ぐらいのほどほどの解決策に到達できるよう目指し、代わりに数多くのタスクをこなしていく働き方になりがちかと思います。

そういうわけで、私もこの 1 年は大小様々・数多くの仕事に関わってきました。それらの仕事一つ一つを挙げて丁寧に語るのは紙面の都合上ここでは控えたいと思いますが、ただ仕事の傾向としてはプロダクト本体の新機能開発といった「攻め」の開発よりもグラウンドキーピング的な「守り」の仕事に取り組むことが比較的多かったように思います。

具体的には、Terraform, Packer, Ansible を導入して Infrastructure as Code を実現する、システムメトリクスを俯瞰するダッシュボードやアラートを整備してサービスの状態監視をできるようにする、一部のアプリケーションに Jest (JavaScript のテスティングフレームワーク) を導入してテスト駆動開発ができるようにする、カナリーデプロイメントの仕組みを整備する、などの現代的なエンジニアリング環境の整備を目的とした仕事をしてきました。

また他にも、インシデント対応のガイドラインを整備する、込み入ったオペレーションを実施する際にオペレーションログを作成して事前レビューしたり後で振り返られるようにする、などのエンジニアリング組織の文化醸成を目的とした取り組みをしてきました。

・・・

おやっ、ここでまた【募集のご案内】があるようです 👀

Legalscape ではただいま、Site Reliability Engineer (SRE) を募集しております。

我々は、プロダクトは開発と運用の両輪が揃っていてこそユーザーへの価値提供が健全に行えると考えています。エンジニアリングによる安全かつ効率的なプロダクトの運用を実現し、またより現代的なエンジニアリング環境に進化していくためには SRE が不可欠になってきます。

そこで現職で SRE として活躍中の方、または開発と運用の両方を経験していて、よりよいエンジニアリング環境を整備することに強い興味をお持ちの方、目を通すだけなら 5 分もかからないことですし、ちょっとこの求人を開いてみてみませんか?

・・・

それ以外にもアプリケーション寄りの仕事もちゃんと(?)していまして、例えば今年に入ってからは新機能の開発であったりバックエンドアプリケーションにおけるいくつかのパフォーマンス問題を改善していました。

また直近だと Cloud Logging と BigQuery を利用して DWH を整備していたりして「ソフトウェアエンジニアの職務・技術領域ってなんだっけ…」という感じでこの 1 年は本当に様々な仕事をしてきました。

・・・

すみません、ここでも【募集のご案内】があるようなので少しだけお時間をください 🙏

Legalscape ではただいま、Software Engineer (アプリケーション) を募集しております。

アプリケーションにフォーカスしたエンジニアというと、一般的にはフロントエンドもしくはバックエンドにフォーカスしてアプリケーションの機能を設計し、実装するのが主な役割になるかと思います。しかし、Legalscape においては先述したように必ずしもフロントエンドやバックエンドといった個別の領域に囚われるわけではなく、領域を超えて比較的自由にエンジニアリングができる裁量があります。

SIer や Web 系企業にお勤めの経験がお有りの方で、幅広い技術領域でエンジニアリングに取り組み、ユーザーへの価値提供にこだわったお仕事をしたいと考えてらっしゃる方は、さほどお時間は取らせませんのでぜひこちらの求人を見ていってください!

・・・

これからの展望

この 1 年は少数精鋭のエンジニアリング組織ということもあり、技術領域を問わずただひたすらに目の前の問題に取り組む働き方をしてきました。これからは採用活動を積極化させ、エンジニアリング組織をより盤石なものにするために屈強なメンバーを続々とお迎えできればと考えています。その上で私個人としては、腰を据えて取り組む必要のあるより技術的難度の高い問題に挑戦していきたいと思います。

また正式版リリースを迎えたことで、プロダクトの品質はこれまで以上の高さが要求されていくことになります。その点においても、今後はより一層品質にこだわった仕事を心がけていきたいと思っています。

・・・

またしても… ですが、これが最後の【募集のご案内】になります! 少しばかりのお時間、お付き合いください 🙇‍♂️

Legalscape ではただいま、Software Engineer in Test / Quality Assurance (SET/QA) を募集しております。

プロダクトを継続的に進化させてユーザーにより多くの価値をより迅速に提供していくにあたり、品質は犠牲にすべきもの、では決してありません。少ない人的リソースであっても技術を駆使してプロダクトの品質を最大限に高め、ユーザーのネガティブな体験を最小化しなければなりません。それを実現するために、我々は会社にとっての一人目となる SET/QA をお迎えしたいと考えています。

SIer/Web 系問わずソフトウェアの QA 業務もしくは SET の経験があり、エンジニアリングで QA 業務を徹底的に効率化したいと考えている貴方! チームの立ち上げから関わってみたいと思いませんか? まずはこちらの求人をご確認ください!

さいごに

我々 Legalscape は、様々な法律情報を電子的かつ意味的に相互に繋いだ「リーガル・ウェブ」を実現して日本のリーガルインフラストラクチャーを構築・整備し、法務に従事する方々が高度で専門的・複雑な法律情報を一目で見渡せる、そんな景色作りを目指しています。そのためにも、エンジニアリング組織の人的および質的な強化は必要不可欠であると考えています。

我々のエンジニアリング組織はまだまだ成熟には程遠い位置にいるのですが、裏を返せば未成熟な組織の成長に関われる、滅多に無い機会だと言えます。ソフトウェアエンジニアとしてただ開発業務をするだけではなく、エンジニアリング組織の文化を試行錯誤し共に作り上げていきたい、そういうお気持ちをお持ちの方は大歓迎です 🤗

またこのエントリをここまでお読みいただいたのであれば雰囲気はなんとなく感じとっていただけるかもしれませんが、Legalscape のソフトウェアエンジニアは適度な裁量をもって比較的自由に仕事に取り組んでいます。ここでいう裁量は何もソフトウェアエンジニアの技術面のみならず、ワークスタイルにおいても同様です(Legalscape 社員のワークスタイルについては別のエントリでご紹介予定です)。そういうわけで、与えられた裁量のもとで自律的にやるべきことを見出して行動できる、そんな貴方を我々はお待ちしております!

・・・

本エントリは以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。

Legalscape のソフトウェアエンジニアについてご興味をお持ちになられた方がいらっしゃいましたら、ぜひこれまでご紹介した求人からご応募をお待ちしております(以下のリンクからも募集中のポジションをご一覧いただけます)。

また「応募するかどうかはまだちょっと迷っているんだけど、でも興味はあって、応募する前にお話だけでも聞いてみたいんだよね…」というそこの貴方、ちゃんとカジュアル面談もご用意しておりますよ! ぜひぜひ以下のリンクよりお気軽にご応募ください 🥰


Legalscape
リーガルリサーチにおいて、法務パーソンの皆様がもつ高度かつ複雑な法律情報収集ニーズに応えるための次世代の法律情報検索・閲覧システム「Legalscape」を提供している企業のメディアです。 https://www.legalscape.co.jp/