セールスとエンジニアがどのように協力してプロダクトをつくるべきか
見出し画像

セールスとエンジニアがどのように協力してプロダクトをつくるべきか

Leaner(リーナー)

こんにちは、Leaner Technologiesの小久保です。

Leanerでは今、セールス・カスタマーサクセス、オペレーションとエンジニアがどのように協力してプロダクトをつくるのがよいか、という話を進めてます。

現状

・ 週イチでミーティングで情報共有
 - セールスが商談中に見込み客からもらったプロダクトへのフィードバック
 - カスタマーサクセス/オペレーションが顧客からもらったフィードバック
 - エンジニアが開発中の機能や改善

現状はこんな感じでそれぞれがお互いにやっていることを共有しています。

改善したいポイント

・ やっていることはそれぞれ確認できるが、独立している
・ お互いやってることがいい感じに連携している感をもっとだせるはず

という改善意識をそれぞれの視点で持つようになってきました。

たとえばこうなりたい
・ ex. セールスが商談時にプロダクトの方向性について話ができる
・ ex. エンジニアが開発時にユーザー目線でインタラクションを改善できる
こういうことを無理せず各自が自然とできる仕組みにしたい。

改善の指針

それぞれの役割から、プロダクトをよくしていくために、どのような行動をしていくか、という指針を考えています。

画像1

ざっくりこのような形で役割を分担して連携できるとよさそう、と話をしています。

・ ユーザーに一番近いセールス、カスタマーサクセスが問題を掘り下げる
・ 具体的な課題解決はエンジニアが全体最適を考えて主導する
・ プロダクトが解決すべき問題は何か?を全職種の人がフラットに検討する

細かい話をすると長くなるので省きますが、この指針をベースに、情報共有の仕組みを構築中です。

Leanerの目指すチーム

Leanerはすべての企業がおこなう「調達のスタンダードを刷新し続ける」ことがミッションです。新しいスタンダードをつくるためには、それをつくりあげるためのチームが強くあるべきだと思ってます。

その一つの形として、セールスからカスタマーサクセスからオペレーションからエンジニアからデザイナーからすべてのスキルセットを総括用できるチームを目指しています。

そのために必要な連携をどう最小限のコストで構築できるかをみんなで模索しながらプロダクトをつくってます。

ありがとう💖Twitterもフォローいただけると嬉しいです!
Leaner(リーナー)
「調達のスタンダードを刷新し続ける」 をミッションに掲げ、支出管理プラットフォーム「Leaner(リーナー)」を提供しています。特にエンジニア、デザイナー、マーケティング、カスタマーサクセスで採用強化中です! 株式会社Leaner Technologiesの公式アカウントです。