これからの社会をつくり__誰かを幸せにする仕事

誰かの選択肢を増せると信じているからココにいる!/ 「新しい働き方LAB」メンバー

<プロフィール>
畝尾 尚季(うねお なおき)/うねお
1984年東京生まれ。東京経済大学卒業後、ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナに入社。国内外の企業の広告制作に携わる。その後、2016年、ランサーズへジョイン。現在は「新しい働き方LAB」メンバーとして、フリーランスのコミュニティ形成や事業開発に携わる。趣味は本を読むこと、美術館に行くこと、仕事をすること。

これからの社会をつくり、誰かを幸せにする仕事

新卒で広告制作会社に入社しました。プロデューサーという仕事で、主な仕事は制作進行。クリエイターのアサインから、制作のスケジューリングなど制作をプロデュースする仕事でした。制作の現場ではスタイリストやヘアメイク、フォトグラファーといったフリーランスとして活躍する多くのクリエイターの方々とご一緒させていただいていました。

その後は、2年ほどクラウドファンディングサービスを運営する会社に所属していました。少人数の会社だったので、営業からマーケティング、ディレクターとその時必要になったことはすべてやる感じでした。

iOS の画像 (15)

ランサーズを知ったのは、新卒時代の同期が勤めていたというのがきっかけです。

募集しているという話を聞いて、会社を調べたところ、自分はこういう会社を探していたんじゃないかと思いました。

これからの社会をつくるサービス、誰かを幸せにする仕事がここでならできるんじゃないかなと。代表の秋好をはじめ、中の人に話を伺ううちにランサーズのファンになっていました。

ランサーさんとの共創でつくる「新しい働き方LAB」

入社当時の2016年はディレクターとして、新規マーケットでの受注を目指して企画の提案や制作ディレクションに携わりました。時には自身で記事を書くことも…

ここで、改めてフリーランスの人たちとの仕事の進め方、オンラインで仕事を完結させることの難しさを知りました。

iOS の画像 (16)

ディレクターを経験したのち、マーケティング部に異動になり、現在は働きながら世界一周をしている市川とともに「新しい働き方LAB」の運営に携わっています。

ランサーさんとのリレーションを築きながら、マーケティングや営業など様々な側面からランサーズの成長に寄与する可能性を探っています。

チームには、市川のほかに、産休明けでお子さんを育てながら働くメンバー、リモートワークで勤務するメンバーがいます。「新しい働き方」を自ら実践する社内メンバーやランサーさんと共創しながら、日々さまざまな企てをしています。何事も簡単には進みませんが、その分毎日が刺激的です。

▼「新しい働き方LAB」の詳細はこちらから👇

気づきをくれたのは第一線で活躍するランサーさん

入社してからの印象的な出来事はいくつもありますが、強いてあげるとするなら2018年に実施したランサーズ10年目の全国行脚企画です。これまでご利用いただいたランサーさんに直接会って感謝の気持ちと、今後の展望をお伝えするというものでした。

すごく単純なことなんですが、直接お会いして話すことで、体温を感じました。ランサーズはオンラインのサービスですが、その先には必ず人がいる。当たり前ですが、その事実に衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。

参加していただいたランサーさんから後日メッセージをいただいたんです。「僕はランサーズの社員だと思って活動している。会社の信用を末端で担っていると自負しています。いいものをクライアント様に提供し、消費者に満足を提供し、周りに笑顔がいっぱい溢れるように今後とも精進してまいりますので、よろしくお願いしますね!」と。今でも何かあればこのメッセージを見返して、自分がやっていることの目的を見失わないようにしています。

▼ランサーズでは「ランサー中心主義」を掲げています

ランサー中心主義

それと、この企画に無茶なスケジュールで同行してくる代表の秋好にも驚きました。たった2時間程度の会にも関わらず、飛行機で飛んできて、会が終わると飛んで帰る…

▼続きはコチラ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
つながる!ランサーズ編集部のアカウントです。