LivingAnywhere Commons真庭に新たにできた屋内型グランピングに子どもと一緒に泊まってみた
見出し画像

LivingAnywhere Commons真庭に新たにできた屋内型グランピングに子どもと一緒に泊まってみた

LivingAnywhere Commons

こんにちは。LACメンバーのおいちゃんです。

子供たちが春休みになったのもあり、LivingAnywhere Commons真庭(以後LAC真庭)に新たにできた屋内型グランピングに4人で宿泊してきました。
グランピング初体験の方、キャンプしたいけど野外が苦手な人も楽しめそう。(虫の苦手な長女もここなら大丈夫でした。笑)しかも1日1組限定なので貸切でした!

LAC真庭のあるUEDA VILLAGE(ウエダビレッジ)は山道を登ったところにあり、近くには花の山寺として知られる普門寺もあります。(紫陽花と年に2度花を咲かせる四季桜が有名)

夕方到着し、チェックイン。
グランピングの部屋を見た子どもたちの第一声は「すご〜い!!楽しそう!!」大人も子どももワクワクするような空間です。

画像1

画像2

この日はテントが2つあり、その中にベッドが2つずつ並んでいました。内側のインテリアも可愛くて、間接照明もオシャレ!しかも床は人工芝生なので遠慮なく寝っ転がれます。子どもたちは特にハンモックとテントが気に入っていました。
部屋にテレビはないけれど、人生ゲームやピアノ、廊下には小学生の時に読んだ懐かしい本や絵本も置いてあり飽きることはありません。娘たちとピアノを引いたり、かくれんぼしたり、マグマゲーム(部屋が広いからできる!)したり、普段とは違う時間を過ごせました。

画像3

画像8

画像9

たくさん遊んだ後はテントに入って就寝。ぐっすり眠れました。

翌朝は早起きして屋上にある展望台から小鳥のさえずりを聞きながら山の風景を眺めました。
その後、子どもたちとグラウンドで竹馬やバドミントン、鉄棒やブランコで遊びました。久しぶりに体を動かしたので次の日筋肉痛に(笑)

そのあと、子どもたちが館内を探検したり、黒板に落書きして過ごしている間、私は別室で仕事してから、チェックアウト。
室内でもwi-fiはあるので仕事できますが、別室のワークスペースの方がオンラインミーティングも子どもにも邪魔されず(笑)、集中してできるのでおすすめです!

画像6

出発する前にLAC真庭のコミュニティマネジャーの芦田さんと記念撮影。子どもたちと一緒に遊んでくれるとっても優しい方でした。(LivingAnywhere Commons Tシャツでおそろコーデw)

画像7

また、LAC真庭エントランス横には森ノナカノカフェもあり、地域の食材も使っているランチは大人気で完売することが多いそう!食べたい方は予約するのが良さそうです。私はお土産にラスト1個だったスコーンを買って帰りました。(優しい味で美味しかった〜)
他にもコーヒーや期間限定スイーツ、焼き菓子もあって全部食べてみたくなりました。
LAC真庭に行った際はぜひカフェにも立ち寄ってみてください。店主の方もとっても優しい雰囲気の素敵な女性の方です。

画像5

画像4

LAC真庭のグランピングルーム、家族や友達と宿泊するのが楽しいと思いました。次は夏休みに泊まってみたいです♪

■LAC真庭拠点情報
https://livinganywherecommons.com/base/maniwa/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
LivingAnywhere Commons
LivingAnywhere Commonsは、場所やライフライン、仕事など、あらゆる制約にしばられることなく、好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方(LivingAnywhere)をともに実践することを目的としたコミュニティです。