見出し画像

正しくない!〜間違ったカラダの使い方〜

背筋を伸ばしなさい

子供の頃、姿勢を注意された経験は

1度くらいはありますよね。

ですが、コレ。

かなりの人が間違ったカラダの使い方を

しています。

胸を張る!

まずここから間違いは始まります。

胸を正しく張ると下腹部に力が入ります。

確認すると、背中に力が入っていませんか?

間違った使い方①

ほとんどの人が肩を引き、肩、背中に力が

入ります。

使い方によっては首筋にもグッと食いしばる

ような使い方をしていませんか?

エラ張りが気になる人の大半はこの時首筋まで

力むクセがあります。

骨盤を立てる!

この動きも使うのは下腹部です。

肩や背面に力が入るため、

間違った使い方その②

骨盤を引き上げる使い方になります。

手を当てるとわかりやすいです。

骨盤より腰椎が動いていませんか?

この2つの動きから背面へのりきみがクセ

になり背筋を伸ばすよりもりきむ使い方に

なってしまいます。

では、逆に背中を丸めて下さい。

鏡越しにまたは誰かに確認してもらいましょう

自分が思うより曲がっていないのでは

ないですか?

りきむことが当たり前になり腰部など

筋肉が伸びない状態になっています。

背中に力が入りやすいためカラダの中心も

背骨にあることが多いです。

中心軸を合わせるとやや前傾気味

=反り腰になりやすい傾向です。


背筋を緩めてください!

反り腰の改善にはこっちが大切です。

柔軟性や可動域が備わった上でカラダを動かす。

正しいことと自分に必要なことは違います。

自分に必要なこと、適切な方法が大切です。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます♡
2
介護施設、在宅介護を20年経験 現在、セラピスト 「姿勢矯正」で改善されるのは「姿勢」だけではない!が伝われば嬉しいです。 ホームページ https://labputti.info/