Laboratik
【6/29(水)12:00-12:45pm 緊急開催】働き方やPeople Analyticsの世界的エキスパートBen Waber博士(MIT Media Lab) 来日勉強会
見出し画像

【6/29(水)12:00-12:45pm 緊急開催】働き方やPeople Analyticsの世界的エキスパートBen Waber博士(MIT Media Lab) 来日勉強会

Laboratik

米欧日に事業展開するピープルアナリティクス企業Humanyze会長兼MIT Media Lab客員研究者のBen Waber博士と、チームワーク解析専門スタートアップのLaboratik社代表の三浦豊史による勉強会を実施します。

■6月29日(水)12:00〜12:45
【緊急開催】働き方やPeople Analyticsの世界的エキスパート
Ben Waber博士(MIT Media Lab) 来日勉強会

【開催概要】

Waber博士は、ピープルアナリティクスやコラボレーション分野で世界的に評価されているエキスパートですが、現在来日されていることから緊急開催することになりました。

パンデミックを経て、世界的なレベルで仕事の仕方や人生への価値観が激変しつつある今、経営者・人事リーダーを中心に、ビジネスパーソンが知っていなければいけないHRの最新動向や変化の流れ、働き方の未来を、日米それぞれの視点で解説します。是非お気軽にご参加ください!

【セミナー概要】

■日程:2022年6月29日(水) 12:00-12:45 (ZOOM)  
■タイムテーブル(予定):
◯12:00 オープニングトーク
◯12:05-12:45 ディスカッション(常時Q&Aやご相談も募集します)
・米国と日本視点の「生産性」の定義と違い
・コロナを経た日米の働き方の今:どう進化・改善しているか?
・ワークプレイス・アナリティクスの定義と概要、実際の分析データ、日米での実践事例
・HR Techへの投資やPeople Analyticsデータ活用が企業のビジネス業績にどう影響しているか?

【このような方におすすめ】

■経営者、経営幹部、事業部門マネージャー、チームリーダーの皆様で、以下のような課題をお持ちの方々
・2022~23年以降の人事、組織戦略に悩んでいる
・リモートでの業務は定着したが、チームワークや業績が思うように上がらない
・部署間、社員間のつながりが分断し、イノベーションが起きにくい
・働き方の多様化が進む中、今後の自社のワークスタイルの方針がまとまらない

【登壇者プロフィール】

■Ben Waber | MITメディアラボ客員研究者/ 米Humanyze President
MITメディアラボでの研究成果をベースにスピンオフ企業としてHumanyzeを米ボストンに設立。2014年に米国にて出版された著書『ピープル・アナリティクス』において、ピープル・アナリティクスという言葉を初出した。本書は日本でも『職場の人間科学: ビッグデータで考える「理想の働き方」』(2014年)として出版。『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌の「革新的なアイデア」や、テクノ ロジー・レビュー誌の「新興技術トップ10」に選出。

■三浦 豊史 | Laboratik Inc 代表取締役
2004年にニューヨーク市立大学卒業後、現地のクリエイティブエージェンシーR/GA New Yorkでデザイナーとして勤務。2007年に帰国後は、GoogleにてインダストリーマネージャーとしてAdWordsやYouTubeの広告営業・ コンサルに携わる。2016年にLaboratik Inc創業。2021 日本HRチャレンジ大賞 イノベーション賞受賞。早稲田大学大学院商学研究科卒業

以下より、申込受付中です。

皆さまからのご参加、お待ちしています!



「働く」に、本当の自由を。
Laboratik Inc.

People Analytics × Experienceで、チームを科学する「NEWORG」

「NEWORG」は、チーム内のコミュニケーション状況を可視化し、解析結果に基づいてリーダー(管理職)に気づきと行動変容をもたらすSlackのAI解析サービスです。


Laboratik
『「働く」に、本当の自由を。』というミッションのもと、可視化・行動・学習のサイクルを通じて日々の自律的な成長を促し、組織を率いるリーダーをサポートする『『NEWORG(ニューオーグ)』を開発しているLaboratikの公式アカウントです。