京都洋酒研究所・note分室

京都市・北大路に実在するけったいなBar、京都洋酒研究所。ただいまコロナの影響で無期限休業中。巣ごもり中の所長がオールドモルトウイスキーラヴァーズのために何か楽しいことを、と「note分室」を立ち上げました。※当サイト内の内容の無断転載及び複製等はご遠慮下さい※未成年は飲酒不可

ウイスキーコレクションする人、先輩として忠告したい。10本は入場券。100本は至福。800本からガチコレクター。3000本以上になったらおそらくバー経営者になるしかない。でもこれは幸せとは違う。誤解を恐れずに言うよ。寿司屋とバーはカウンターの外が天国。これが正にリアルな天の声や!

マッサン存命の折、晩酌はいつもハイニッカだったと聞いて、急いで復刻版をストック。数年前ハイニッカの飲み疲れしなさに気付き、政孝さんの真意に感服した。そんなお年頃ですかね。夕食のお供やお仕事がんばった夜、オールドモルトじゃなくハイニッカについ手が伸びる。悲しくもあり、嬉しくもあり。

カウンターを隔てて意見の分かれる問題の一つ”おすすめ”問題。お客様やマスター達からの意見を聞いて考えた。「マスターの好きなボトルは?」「他のお客さんに評判いいボトルは?」「お任せで○杯で」この辺りが双方問題なくスマートかと。プラス直近の食事、好みのジャンル、本日の予算で神です。

リアル研究所は6/5(金)から再開します。金、土、日、祝・1・5月、2火、3水、4木の18-24時、最終入店22時、ラストオーダー23:30です。1〜3名/組、同時に〜3組、予約優先制(7日前から予約サイト(HPかFBの予約ボタン)かお電話にて予約可)です。よろしくお願いします。

無料サンプル付きテイスティングノート販売は猛暑期につき一旦終了しました。11回ミステリーボトル、12回DOD、13回モーレンジ、14回マッカランの販売は強制終了(削除)しましたが購入済みの方はログイン後「購入した記事」をクリックすると見れます。皆様どうもありがとうございました。

初心者の頃、あるモルトバーのマスターに「モルトの深い森の中で、マスターのところまで行ったら何が見える?」って聞いたら「あんたとおんなじ。深い森しか見えへんで。」と返された。今の私にも深い森だけだ。当時と違うのは後ろに多くのモルト仲間が見えること。共に進もう、モルトの森の最深部へ!