新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

交通事故に遭いました

 令和3年5月2日の夜。
 青信号の横断歩道を歩行中、左後方から来た乗用車に追突されました。

 横断歩道の道半分くらい歩いてところで、いきなり目の前に白い物体が表れて、思わず手で押しのけようとしましたが、私の力では及ばずそのまま路面に転倒。
 運転手やその隣に乗っていてであろう彼女。近くの通りかかった薬剤師さん。様々な方が声をかけてくれていた中、主人は声もかけず、一目散に「119」へ電話。

 ものすごく早く救急車が到着しました。
 頭を固定され、向かうは「京大病院に受け入れが決まりました」との言葉で、すぐさま京大病院の緊急へ搬送されました。

 コロナ禍の中、各病院はひっ迫状態にあり、コロナ以外の患者さんの受け入れがなかなかしづらいとニュースで行っていますが、本当に幸いなことに行け入れがすぐに決まった事はラッキーだったと思います。

 人生4度目の救急車・・・再び「交通事故」
 あまりお世話になりたくないですね。とてもありがたいですけど・・・

 交通事故は被害に遭った者だけでなくその家族、そして加害者、その家族と、多くの人の心とからだを痛めます。

 どうか・・・安全運転で❣




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」をして頂き有難うございました。
京都で生まれ、育ち、干支が生まれた年に戻りました。 様々な人々に出会い、教えていただいたことを今度は返す番にになったのかもしれません。 晋六窯は京都で三代続く窯元です。 日々の思いを少しづつ書き留めたいと思います。