見出し画像

陶器・ご使用について

磁器は石物と言われるとおり、石【陶石】を焼いたもので、吸水性がまったくなく、叩くとすんだ高い音がし貫入(表面に現れるひびのような物)はありません。一方陶器は、吸水性があり、土と釉薬の収縮の違いから生じる貫入があり、叩くと鈍い音がします。粘土を焼く土器から、土物と呼ばれています。

ご使用について
■晋六窯では出荷時には裏面を紙やすりで研磨しておりますが、ガラス・木製品などの上を引きずるとキズが付きます。
■陶器の特性上、水分を入れたままにしておくと、汗をかいたように染み出してきますのでご注意下さい。
■陶器は生地と釉薬の収縮の違いから、貫入(かんにゅう)というひび割れが、表面に生じています。ご使用頂く事により、茶渋や灰汁がつき経年変化を起こします。その経年変化を楽しんで頂くのも、陶器を使う一つの楽しみとしてお使いください。(新しい時とご使用後の風合いが変わります)
■陶器は水分を吸収しやすく、長期間使用しない場合は、裏面をしっかり乾かしてください。
■直火は使用しないでください。
■電子レンジ・食洗機は使用可能ですが、急激な温度変化にはご注意ください。
■急須・ポットなどは電子レンジ不可です。
■陶器をご使用になる前に、温かい物を入れる場合は器を温める→お料理や飲み物が冷めにくい。
冷たいものを入れる場合は器を水通しするなど→お料理やお飲み物温まりにくい
■急須やポットの蓋が破損した場合は、無料で交換していますので、晋六窯までお問い合わせください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」をして頂き有難うございました。
京都で生まれ、育ち、干支が生まれた年に戻りました。 様々な人々に出会い、教えていただいたことを今度は返す番にになったのかもしれません。 晋六窯は京都で三代続く窯元です。 日々の思いを少しづつ書き留めたいと思います。