曲線

国道48号線沿いの小路を曲がると見える、紺色の建物の本屋〈曲線〉です。 https:…

曲線

国道48号線沿いの小路を曲がると見える、紺色の建物の本屋〈曲線〉です。 https://kyoku-sen.com

ストア

  • 商品の画像

    〈コーヒー豆〉曲線ブレンド

    曲線オリジナルブレンドのコーヒー豆です。焙煎・ブレンドは、仙台のサイケデリックなコーヒーロースターDAMO kaffee hausさん。しずかな中にキラリと印象的な味わいのブレンドです。*100g*形状/豆*中煎りくらい
    ¥900
    曲線
  • 商品の画像

    濱口竜介|他なる映画と1.2

    「ハッピーアワー」「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」「悪は存在しない」などの映画監督、濱口竜介さんによる映画論を2冊に集成。1巻は仙台で行われた講座シリーズをはじめ、各地で開かれたレクチャーを編集し活字化したもの。映画史における名作・傑作についての考察が、自作品の原理に触れながら語られています。2巻は折々に発表してきた映画レビュー、エッセイと、書き下ろし2篇を収録。ロベール・ブレッソン「シネマトグラフ覚書」についての熱い論考も収められています。映画を見ること、撮ること、そして映画館への愛情に満ちた濱口監督のストイックな姿に触れ、映画監督は映画に何を見ているのかをあきらかにする。発行:INSCRIPT発行年:2024年サイズ:四六判ページ:(1)432p (2)384p
    ¥5,500
    曲線
  • 商品の画像

    VIDEOTAPEMUSIC|Revisit

    日本国内のさまざまな土地をめぐり、フィールドワークを行いながら楽曲制作をしているアーティスト、VIDEOTAPEMUSICによるカセットブック。本作は、群馬、長崎、高知、佐賀、そして自身の故郷である東京都大和市の多摩湖を再訪(Revisit)し、制作した楽曲群に加え、その土地に所縁のあるアーティストたちによるRemixトラックが収録されています。土地のノイズとアンビエンス、生活の気配と変わりゆく空気を綴じた音源と、訪れた土地での出来事の記録と記憶を綴ったテキストを収録した書籍がパッケージされています。Track list1. Tamako2. Tatebayashi3. Nomozaki(feat. 角銅真実)4. Susaki (Flotsam)5. Shiojiri6. Ureshino (Cha Cha Cha Dub)7. Goujyou Jima (強情島)8. Nomozaki (Akito Tabira Remix)9. Susaki (oono yuuki Refloat Mix)発行:カクバリズム発行年:2024年サイズ:104×188 mmTAPE(46min)※ダウンロードコード付属BOOK(表紙 + 本文 160P)3 POSTCARDS
    ¥5,500
    曲線
  • 商品の画像

    〈コーヒー豆〉曲線ブレンド

    曲線オリジナルブレンドのコーヒー豆です。焙煎・ブレンドは、仙台のサイケデリックなコーヒーロースターDAMO kaffee hausさん。しずかな中にキラリと印象的な味わいのブレンドです。*100g*形状/豆*中煎りくらい
    ¥900
    曲線
  • 商品の画像

    濱口竜介|他なる映画と1.2

    「ハッピーアワー」「ドライブ・マイ・カー」「偶然と想像」「悪は存在しない」などの映画監督、濱口竜介さんによる映画論を2冊に集成。1巻は仙台で行われた講座シリーズをはじめ、各地で開かれたレクチャーを編集し活字化したもの。映画史における名作・傑作についての考察が、自作品の原理に触れながら語られています。2巻は折々に発表してきた映画レビュー、エッセイと、書き下ろし2篇を収録。ロベール・ブレッソン「シネマトグラフ覚書」についての熱い論考も収められています。映画を見ること、撮ること、そして映画館への愛情に満ちた濱口監督のストイックな姿に触れ、映画監督は映画に何を見ているのかをあきらかにする。発行:INSCRIPT発行年:2024年サイズ:四六判ページ:(1)432p (2)384p
    ¥5,500
    曲線
  • 商品の画像

    VIDEOTAPEMUSIC|Revisit

    日本国内のさまざまな土地をめぐり、フィールドワークを行いながら楽曲制作をしているアーティスト、VIDEOTAPEMUSICによるカセットブック。本作は、群馬、長崎、高知、佐賀、そして自身の故郷である東京都大和市の多摩湖を再訪(Revisit)し、制作した楽曲群に加え、その土地に所縁のあるアーティストたちによるRemixトラックが収録されています。土地のノイズとアンビエンス、生活の気配と変わりゆく空気を綴じた音源と、訪れた土地での出来事の記録と記憶を綴ったテキストを収録した書籍がパッケージされています。Track list1. Tamako2. Tatebayashi3. Nomozaki(feat. 角銅真実)4. Susaki (Flotsam)5. Shiojiri6. Ureshino (Cha Cha Cha Dub)7. Goujyou Jima (強情島)8. Nomozaki (Akito Tabira Remix)9. Susaki (oono yuuki Refloat Mix)発行:カクバリズム発行年:2024年サイズ:104×188 mmTAPE(46min)※ダウンロードコード付属BOOK(表紙 + 本文 160P)3 POSTCARDS
    ¥5,500
    曲線
  • もっとみる

最近の記事

彼岸のきみ

すべてをひっくり返すような、一目惚れのようにドラマチックな、そんな出会いではなかった。日常のなかにするりと入り込んできて、戸惑うわたしの中に当然のように居座っている。必然だったのだろう。その瞬間から、わたしはふたつの原理を行き来している。 逃避でしかないと思っていたファンタジーは、単に逃げ場所ではないことを知った。きみが生きるもうひとつの現実というファンタジーを体験することで、わたしもまた自分の現実をいっそう生きることができる。 眩しそうに、ほんとうに嬉しそうに客席を見渡すそ

    • いつか融解する日

      いいお天気の休日だった。 あまりお客さんが来ない日が続いていて、この時世には仕方ないことではあるけれど、わたしは少し不安でしょんぼりしていた。店の棚に並んでいるたくさんの本もしーんと静まり返っていた。 閉店時間も過ぎて、今日はそろそろ終わりにしようかと思った時、ひとりの初老の男性が入ってきた。ここの場所がわからなくてウロウロしていたら、小さな女の子が「本屋さんまでご案内します」と言っていっしょに来てくれたという。もう夕食の時刻、すでに薄暗くなっていた春の夜に不思議な感じがした

      • 孤独の来客

        曲線は、孤独なときに思い出される場所であるように思う。元気で楽しいときにはすっかりその存在を忘れているのに、たとえば雨が降っていて、沈んでいくような心持ちのときにふと足が向かう場所。そうであれば嬉しい。さみしさや悲しみは決してネガティブなだけの感情ではない。深い悲しみや孤独の中にいて、それを誰にも咎められないことが必要だといつも感じている。 曲線を "アジールのような場" と言ってくれた人がいたことについては、エッセイ『茂りゆく場所 (文藝誌「群像」2021年6月号)』の中

        • 本屋、変身する

          去年、秋の入口の風が吹く9月に『曲線』という本屋をオープンした。 3年にも5年にも感じるほど、ハードモードな一年であった。 わたしの顔もずいぶん渋くなったかもしれない。 ジョセフ・コーネルの展覧会を見に行った時のこと。 緑豊かなその美術館の庭園でひと休みしていると、手のひらほどもある極彩色のムカデのような虫がカサカサと歩いている。 しばらく見ていると、少しずつ、でもずんずん進んでいく。 野原の端っこまでいくのだろうか。丸一日かけて? 端っこまでついたら次は何をするのだろうか

        彼岸のきみ