イメージ画像

設計会社勤務のGさん、フラストレーションの解決策は自社と当社のマッチング。当社は製品事業へ近づきました。

当社は現状で常勤は私のみ。他のメンバーはそれぞれ仕事を持っており、休日や勤務時間外にそれぞれの専門性を活かして貢献してくれています。

その中のひとり、Gさんはメンバー中で唯一の機械設計者です。これまでクールフライヤー試作機の仕様を決定する段階や、その後においても貢献してくれていますが、会社員ですからそれほど多くの時間は取れません。

その結果、Gさんにとっても私にとってもフラストレーションが溜まっていました。

そんな中でGさんは昨日、勤務先の社長を当社につれて来てくれました。

フラストレーションを引き起こしている課題を解決するために、時間外にではなく勤務時間にクールフライヤーの仕事ができるようにする事を考え、勤務先の会社と当社をマッチングしてくれたのです。

当社からは取締役の福田さんも同席してくれました。

その会社の技術力は高く、主として大手製造企業の注文に応じて製造用の機械等を開発しています。

機構、電気、プログラム各要素が揃っている上に、社長の問題解決力がすごいらしく、協業できれば当社事業のレベルアップとスピードアップは間違いありません。

その上仲間のGさん自身が窓口になることもあって、コミュニケーションも密に取れます。

願ったり叶ったりです。スゴい。

まずは、量産に適した設計変更の為のディスカッションを開始させてもらう事になり、2020年の製品事業開始に向かって大きな進展となりました。

Gさん、ありがとうございます。

◇  ◇  ◇

ところで昨日も「100kg調理」後の油で調理を行いました。

90kg終了後3回目の清掃を行ったのは7月29日。100kg終了後も調理デモや我が家の献立用に10回調理を行い、その後4回目となる清掃を9月12日に実施しています。

4回目清掃時の油槽底部写真_20190913

4回目清掃時の廃棄量_20190914_005312

その際廃棄した油混じりの揚げカスの量は367.5g(写真)、100kg後初となる足し油(600cc)をしてから調理を行いました。

今回調理デモを見たGさんからは「前回見た時より調理音がさらに静かになり、性能が上がっている感じがする。」という感想がありました。

その「前回」は3件目の特許のうち、ヒーターの形状については実装しており、制御については実装していない状態でした。特許内容のうち、制御がもたらす効果が大きい事がわかります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

嬉しいです!フォローもお願いします。
3
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。