サンプルを自分の好きなように変えてみよう!
見出し画像

サンプルを自分の好きなように変えてみよう!

ココロキット+で用意しているサンプルプログラムは、ビジュアルプログラミング環境で作られているものです。
サンプルの中の角度やモータの番号を自分で変えれば、作りたい動きを作ることができます!

今回はサンプルの「繰り返し動かす」を使って、自分の好きな角度、好きな時間で動かし続けてみましょう!

ココロキット+_サンプルプログラム_2_くり返し動かす

今回はパソコンを使って説明していきますね💻
Android でも基本的な操作は変わりません。

サンプルを開く

今回使うサンプルは、「くり返し動かす」サンプルです。
サンプルが集まっているこのページから開くか、次のURLから開くことができます。

https://kurikit.ux-xu.com/play/player.html#000000002

サンプルの中に入りましょう!

今回はサンプルを動かすのではなく、「サンプルの中を見る」を押しましょう!そうするとビジュアルプログラミングが開きます。

画像2

この画面が表れたでしょうか?😁

kurikit ではビジュアルプログラミング環境として、Scratch 3.0と共通のブロックが使えますが、まだブロックやプログラミングを考えなくても大丈夫です!数字を変えて、色んな動きを作っていきましょう!

画像3

では、まずココロキット+をつないで見ましょう。

❗ このビジュアルプログラミング環境では、ココロキット+のつなぎ方がサンプルと変わるのでご説明していきます!

まずは、ココロキット+をつないでみよう!

ココロキット+の電源をいれたら、下の画像のオレンジ色の部分をクリックしてください。

画像4

そうすると、このような画面になると思います。

画像5

ココロキット+とつなぐために、下の画像に示す白い四角の部分を押します。

画像6

そうすると、サンプルで動かしたときと同じ接続画面が出てくるので、つないでください。

画像7

接続のための時間を少し待つと、右上の部分にこのような表示が出ていませんか?

画像8

これで、ココロキット+とビジュアルプログラミング環境の接続ができました!🎉🎉

最後にサンプルを動かすために、緑の旗をクリックしましょう。クリックしたらモータが動き始めます!そして止めたいときには赤いボタンを押しましょう。

画像9

好きな角度に変えてみよう!

初めの状態は、0度と180度の往復をする状態です。画像のオレンジの部分の数字を変えると、好きな角度にすることができます。

画像10

止まっている時間を長くしてみよう!

0度と180度になったとき、1秒間止まるようになっています。

画像の「(1)秒待つ」の秒数を変えると、好きな時間止まっているようにできます!

画像11

このサンプルを応用すると…。

この「くり返し動かす」サンプルを使えば、ウサギの餅つきのような動きを作ることができます😁

画像12

このウサギを作るための数字を変える例として、こんな感じはどうでしょうか?

画像13

この数字の決め方は、次のようなことを考えて決めていきます。

・モータの白い部分に、どうやってウサギを付けるのか
・はじめの角度は何度にするのか、終わりの角度は何度にするのか

これでサンプルを自分で変えてみる方法の説明は終わりです。色んなサンプルを動かしてみて、ちょっと変えたいなと思う部分があれば、自分で変えてみましょう!

そして現在、ココロキット+で用意している「ブロック」について説明する note を現在執筆しております。近日公開予定です。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
生きものロボット作品紹介: おにぎり
ユカイ工学の教育シリーズ「kurikit」で子どものものづくり体験をユカイに!おうちでカンタンに始められるオリジナルロボットづくりやプログラミング教育支援キットを発売中!https://kurikit.ux-xu.com