My Favorite Music 「80年代後半、世界に吹き荒れた空前のランバダブーム Kaoma "Lambada "」
見出し画像

My Favorite Music 「80年代後半、世界に吹き荒れた空前のランバダブーム Kaoma "Lambada "」

 ブラジル人男性は女性のどの部分をまず真っ先に見るか?

 正解は「お尻」である。

 情熱の大地ブラジルでは美尻こそ美人の証。いかに顔立ちが整っていようとも、いかにスタイルが抜群でも、お尻が魅力的でなければ美人の称号は得られない。

 ブラジル人男性は女性のお尻に対してそれほどまでに熱き思いを持っているのである。

 わかる、凄くよくわかる。

 実は自分も熱狂的なお尻フェチである。

 太股、ふくらはぎ(特に筋肉系)も大好物だが、やはりお尻が一番、電話は2番。

 そこでお尻と言えば ” ランバダ  "である。

  ランバダは男女がペアで踊るダンスであるが、密着度が高く激しく腰を使う極めてエロティックな振りが特徴である。

 1989年、フランスのカオマというグループが歌った「ランバダ」が世界的な大ヒット(日本でもオリコン12位を獲得)となり地球規模のランバダブームが巻き起こった。

 80年代後半のディスコでは、この曲に合わせて激しく腰をくねらすセクスィーな男女が多数見受けられた。

 女性がターンをする度に垣間見えるタンガ(紐パンティ)とハイレグTバックのパンティが超エロかった。

 それを楽しみに週に2度はディスコ通いをしたものだ。

 美尻に酔いしれたバブルの日々。

 ランバダの憂いを含んだメロディを聴くと、あの黄金の日々を思い出す。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
鳴海邦彦 公式 / KUNIHIKO NARUMI OFFICIAL

宜しければサポートをお願い致します!

マジ卍で嬉しいです!
元参加型モータースポーツ専門誌副編集長。現在はコラムニスト、フォトグラファー、モータースポーツマーケティングのスペシャリストとして活動中。https://www.instagram.com/kanetakamura/