不眠症を上手に解消するために必要な3つのこと 記者 三山熊裕 報道

一般的に、成人は7時間以上の睡眠が必要とされています。生活の中の様々な理由により、人はストレスや不安を抱えているため、不眠症に悩む人も多く、熟睡することは多くの人が夢見ることです。

夜間の睡眠時間が4時間未満の不眠症の人は、翌朝の血圧が著しく高く、脈拍が速くなり、心臓発作のリスクが高まるという研究結果が出ています。

画像1

1. 早めに寝る習慣をつけましょう。
今までの夜更かしの習慣を変えて、少し早めに寝るようにしましょう。眠いといって、他のことをしているために睡眠の状態を逃してしまうため、なかなか眠りにつくことができない方が多いようです。ですので、睡眠不足で不眠症に悩んでいるのであれば、早めに寝る習慣をつけましょう。
2. 寝る前にリラックスにしましょう。
ベッドで横になっていても、頭の中で起こったことを考えていたり、何かしらの執着や心配事に執着していたりして、脳がどんどん覚醒してしまい、もちろん寝不足になってしまう方も多いらしいです。ぐっすり眠るためには、快適な寝巻きに着替えて、ベッドで静かに横になり、リラックスして心を空っぽにして、ゆったりとした安らぎの中に身をゆだねれば、すぐに眠気が襲ってきるでしょう。
3. 暗い睡眠環境を作りましょう。
寝る前に寝室の照明をすべて消して、暗い環境で眠れるようにしておくといいでしょう。人の松果体は暗闇の中でメラトニンというアミンホルモンを分泌しています。メラトニンは就寝前の起床時間や睡眠時間を短縮し、睡眠の質を向上させます。それとは別に、老化を遅らせることができ、体の免疫力を高めることができるので、健康に良いとされています。
記者 三山熊裕 報道



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!