写真で辿る、夜から朝。

画像1 釜山の夜、西面の裏道。
画像2 釜山の夜、テジクッパに溺れる。
画像3 釜山の夜、夜汽車来る駅。
画像4 釜田駅から見る、夜景。この先は、海雲台、東海。
画像5 最終便の夜汽車へと続く、ホーム。
画像6 彼はどこへ、向かうのだろう。
画像7 金曜の夜、楽しみの余韻に浸る人、週末に向かう人、様々。
画像8 外套や、帽子を掛けるフックも汽車旅の風情。
画像9 真夜中の駅にひとり降りる青年。
画像10 一夜明け、終着駅に着いた列車。
画像11 夜汽車よ、アンニョン!
画像12 (やばい車内に忘れ物した…)
画像13 早朝の駅は、まだガランとして気怠い空気。
画像14 駅舎を出ると綺麗な前庭が。
画像15 Wow!Dynamic KOREA!
画像16 朝の駅から、
画像17 朝の街へ。
画像18 駅のすぐ先に、市場あり。
画像19 市場の、スターたち。
画像20 朝陽降り注ぐ、京東市場。
画像21 陽も昇り、賑わいはじめた市場の朝。
画像22 弾む会話、品定めの手。
画像23 この市場も、いつか、この先のアパートのように、なるのかな…。
画像24 そう言えば、朝食まだだ…
画像25 おかゆ買った。ホバッチュッ、かぼちゃ粥。
画像26 店のオバチャンが指差しで「ラップの真ん中に穴を開けて食べるんだよ」と。なるほど食べやすい、こぼれない。
画像27 腹ごしらえも済んだし、改めて、始動!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
せき@コトノハセイサクシヨです。 思ったことを、つらつらと。 http://ktnh.me/ktnh/