見出し画像

オンライン飲み会専用フードボックスを社員宅に配送し、お疲れ様会を開催しました!

この上半期は、いろいろありました(いや、ありすぎた・・・)。お客さま、関係の皆さまに恵まれ、無事に乗り越えることができました。そして、このような状況においても、社員それぞれがやるべきことに向き合ってくれたことに感謝しかありません。で、お疲れ様会を企画しました。

前回のオンライン飲み会では、食べ物、飲み物を各自で用意してもらい、領収書を添付して申請してもらうことで、会社が費用負担をしました。やってみるとわかるのですが、これがなかなか面倒でした。精算する社員も経理担当者も。

そこで、今回は、元Google社食の総料理長が料理長をつとめる、株式会社ノンピの「オンライン飲み会専用フードボックス」を利用してみました。Googleの社食には何回かお邪魔していたので、料理のクオリティには期待が高まります。

さらに魅力的だったのは、配送手配や支払い処理が楽なこと。WEBサイトの注文フォームから申し込むと、参加者用の申込フォームURLが送られてくるので、それを社員に送るだけ。

あとは、社員がそれぞれ申込フォームに、配送先住所や希望時間、希望のドリンクを入力。参加申し込みを締め切ると、すぐに請求書が用意されるので、支払い手続きをして終わり(クレジットカード決済も選択できます)。

そして当日、社員宅にフードボックスが届き始めると、slack上に「着いた!美味そう」「早く食べたい!」という投稿が散見されるようになります。見た目もいいので、気分が上がりますね。

乾杯の挨拶は、感謝の気持ちを10分ぐらい話そうと思っていたのですが、Zoom画面から「早く!!」という無言の圧を受け、1分で済ませて乾杯!

美味しいだろうな、とは思っていたけれど、これは美味しい!社員からも「次回もこれで!」という声があがり、うれしい限りでした。

また、やっぱり同じものを食べて、飲むというのは、いいですね。「これ美味しいね!」と言える幸せ。

何だか宣伝のようになってしまいましたが、広告料はいただいていません(笑)。純粋に、オススメしたくなる料理のクオリティと、使いやすいシステムでした。さらにキャンペーン中で、5,000円の商品が、送料込み3,500円(税抜き)でした。まだキャンペーン中(10月16日時点)のようですので、下記からお早めに!

なお、上記から申し込まれても、弊社にアフィリエイト収入が発生するようなことはありません。


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしいです!
15
「CNET Japan」「ZDNet Japan」「TechRepublic Japan」「鉄道コム」「CNN.co.jp」を運用する朝日インタラクティブ社の代表取締役社長

こちらでもピックアップされています

人生に無駄なことなし
人生に無駄なことなし
  • 27本

朝日インタラクティブ社で代表取締役社長を務める高野健一が、日ごろの試行錯誤を綴ります。目標は、世の中に役立ち、働く社員とその家族も幸せになる会社にすること。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。