Mari Kozawa

「エシカル(地球倫理)」を日本の精神と文化から紐解く / 東京工業大学環境・社会理工学院修士課程 / (一社) TSUNAGU 理事 / ウェブメディア「IDEAS FOR GOOD」などでライター / 文化人類学✖️シルクから持続可能なものづくりを研究
    • 社会変革と個人変容の探究

    • ”サステナビリティ”って?

      Sustainability、SDGs、ゼロ・ウェイスト、、、。横文字、カタカナ語。欧米を中心に盛り上がっているカルチャー、日本にも到来しております⚡️ ということで、このマガジンでは今世代の⦅粋⦆なカルチャー、"サステナビリティ"をご紹介。関連イベントのレポートも!

    • エシカルバナシ

      エシカルファッションブランドTSUNAGUでシステムを考えている私。そもそもなぜ、いち大学生が"エシカル"に熱中しているのか? "エシカル"って何なのか?…を考察していきます。

    • エシカルでメシは食えるのか?

      エシカルでメシが食いたい。食やファッションetc、サステナビリティやエシカルのフィールドで活動している学生が直面するカベ、その名は「就活」。 ソーシャルグッドXデジタルネイティブのZ世代が思う、エシカルでメシを食う方法を探ります!

    • オランダでイノベを考える

      大学3年の夏、2週間オランダのユトレヒト大学で「サービスデザイン」を勉強📖その中で、「イノベーション」の"曖昧さ"に気づき、筆を取りました🖌

人類学サロンにて研究発表!〜シルク研究日記#2〜

昨年の秋から大学院でシルクの文化を研究している私ですが、この度Ecological Memes主催の「あいだの探索・実践ラボ」での人類学サロンにて、現時点での研究について発表…

3日前

絡まり合う多世界を紐解く。「人類学サロン」始動!

この度、かねてからメンバーとして参画している「あいだラボ」にて、「人類学サロン」をスタートすることとなりました。「絡まり合う多世界」をテーマに、ドイツ、デンマー…

1か月前

シルクから、「サステナビリティ」を考える〜シルク研究日記#1〜

だいぶnoteがご無沙汰になってしまいました…!前回投稿したのが、半年以上前の7月…!今年は書くペースを上げていこうと思います。 現在、私はこれまで携わってきた一般…

2か月前

社会への「適応」と生きづらさの打開〜社会変革と個人変容の探究③〜

なんだか壮大なタイトルになりましたが、最近ぼんやり思うのが、「生きづらさ」ってどこから来るんだろう?ということ。今回は、その正体を自分なりに探ってみようと思いま…

11か月前

エシカルな世界へ向けた、半年間のラボ始動!〜社会変革と個人変容の探究②〜

設立時から関わっている一般社団法人TSUNAGUが、6月から半年間のワークショップ「TSUNAGU FASHION LABORATORY」を開催することになりました。 私も関心がある、自己の意識…

1年前

自己の意識が生み出す境界〜社会変革と個人変容の探究①〜

2ヶ月ぶりのnote。今年の春は良い意味で自分の殻に閉じこもり、内省を繰り返していました。そして、自分の本当に発信したいことは何かがどんどんクリアになってきたので、…

1年前