見出し画像

さくらのレンタルサーバーにLaravelインストールする方法

Laravel学習してます。

Laravelの本番環境でどのサーバを利用しようか迷っていたところ、さくらのレンタルサーバーでも利用できるという情報を発見しました。
さくらのレンタルサーバーはすでに契約していたので、試しにインストールしてみたところ、とても簡単に対応できました。

なので、今回はさくらのレンタルサーバーにLaravelをインストールする方法を記載します。

今回やること
・さくらのレンタルサーバーにLaravelインストールする
前提
・さくらのレンタルサーバー契約済
(私はスタンダードプランを利用しています。月額515円です。お試しで2週間無料で利用できるので、ぜひ使ってみてください)

さくらのレンタルサーバにSSHでログインする準備

それでは始めます。今回はさくらのレンタルサーバにSSHでログインして作業を行いますので、その設定から始めます。

さくらのレンタルサーバに申し込むと、FTP情報が取得できます。まずはそちらを確認してください。

※FTP情報は、さくらのレンタルサーバのメニュー「サーバ情報とパスワード」→「サーバ情報の表示」で確認できます。


今回は参考までに下記のような情報で行いたいと思います。
(サーバ情報やユーザ情報は、それぞれ登録した情報を記載してください)

FTPサーバ名 : kagawatest.sakura.ne.jp
FTPアカウント :kagawatest
FTP初期フォルダ : www
サーバパスワード: kagawatestpass

それではログインしていきます。

※さくらレンタルサーバーでのSSHログインについての詳細は、公式のこちらのページをご確認ください。


パスワード認証でログイン

下記実行してログインします。

ssh kagawatest@kagawatest.sakura.ne.jp

パスワードを聞かれるので、パスワードを入力してEnterでログインできます。


composer インストール

ログイン後、ホームディレクトリに移動します。今回ホームディレクトリは「/home/kagawatest/www」なので、下記実行します。

cd home/kagawatest/www

ここにcomposer.pharをダウンロードします。下記実行します。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

下記のようなメッセージが表示されればダウンロード完了です。

All settings correct for using Composer
Downloading…

Composer (version 1.8.4) successfully installed to: /home/kagawatest/www/composer.phar
Use it: php composer.phar

試しに「ls -l」コマンドを実行すると、ディレクトリに「composer.phar」が追加されていることが確認できます。

それでは下記コマンドを実行してcomposerをインストールします。

php composer.phar

下記のような画面が表示されればcomposerのインストール完了です。


composerでLaravelインストール

それではLaravelをインストールします。今回は「test」というプロジェクト名で作成します。ホームディレクトリで下記実行します。

php composer.phar create-project laravel/laravel test

「Application key set successfully.」と表示されればインストール完了です。

「ls -l」コマンドで確認すると、「test」というディレクトリが作成されています。

これで、
http://【さくらのアカウント名】.sakura.ne.jp/test/public
にアクセスすることで、laravelの初期画面が表示されます。


データベースの作成

次にデータベースの設定を行います。まずはさくらのレンタルサーバでデータベースを作成します。

さくらのレンタルサーバーでのデータベースの作成については下記をご確認ください。

作成したら下記情報をメモしておいてください。

・データベース サーバ
・データベース ユーザ名
・データベースパスワード
・データベース名

今回は下記の設定という前提で進めます。

・データベース サーバ:kagawatest.db.sakura.ne.jp
・データベース ユーザ名:kagawatest
・データベースパスワード:kagawatest_pass
・データベース名:kagawatest_db


データベースの設定(.envファイルの修正)

それではLaravelと作成したデータベースを設定します。

Laravelのホームディレクトリにある.envファイルを修正します。
Laravelホームディレクトリにて下記実行します。

vi .env

下記箇所を以下のように変更します。

DB_CONNECTION=mysql
DB_HOST=kagawatest.db.sakura.ne.jp
DB_PORT=3306
DB_DATABASE=kagawatest_db
DB_USERNAME=kagawatest
DB_PASSWORD=kagawatest_pass

これで接続完了です。


アプリケーションキーを生成

次にアプリケーションキーを作成します。.envのAPP_KEYがデフォルト値のままなので変更します。

下記実行します。

php artisan key:generate

これにより、下記メッセージが表示されます。

Application key set successfully.

以上でアプリケーションキーの作成完了です。


マイグレーションする

それではマイグレーションを行います。Laravelではユーザ情報のマイグレーションファイルがデフォルトで用意されています。

下記実行します。

php artisan migrate

すると、下記のようなメッセージが表示されます。

Migrating: 2014_10_12_000000_create_users_table
Migrated:  2014_10_12_000000_create_users_table
Migrating: 2014_10_12_100000_create_password_resets_table
Migrated:  2014_10_12_100000_create_password_resets_table

ここまで実行しデータベースを確認すると、テーブルが作成されており情報が格納されていることが確認できます。

さくらのレンタルサーバーはPHPMyAdminが利用できますので、アクセスしDB情報を確認してみてください。

↑テーブルが作成されている。

以上です。


ということで、ここまででさくらのレンタルサーバーにLaravelをインストールし、データベースと接続するところまで完了です。


参考にしたサイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます!twitterもやってますのでよろしくお願いします。 https://twitter.com/koushikagawa

嬉しいです!
8
長野県松本市のWeb制作会社 Res, Inc. 代表 / Web ディレクター(IAが得意)、エンジニア(Laravel/PHP/MySQL/Nuxt.js/Vue.js/ Contentful/Netlify/Drupal/Wordpress)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。