見出し画像

第14回 土星紀 0082(1989年5月発行)

表1:子午線』ドゥニ・ゲージュ(土星紀表紙デザイン:西山孝司)

画像1

中頁:エッセイ「標本箱」#026 「本」がとりもつ縁  池内 紀

画像2

↑画像が拡大でき、書体まで判読できます。

工作舎の文学<プラネタリー・クラシクス>第2期刊行開始!!
7月『子午線
9月『W・H氏の肖像
11月『デカルトと青年パスカル
11月『タオは笑っている
?月『塵の倫理』ジョン・ラスキン

既刊紹介:『超意識の旅』S・クリップナー/『サイ能力開発法』D・スコット・ロゴ/『四次元の冒険』ルディ・ラッカー/『クリストファー・アレグザンダー』スティーブン・グラボー

表4:工作舎の本・常備書店

きらめく本の星座
夜の魂』/『星界小品集』/『超人の午餐』/『蜜蜂の生活』/『白蟻の生活』/『蟻の生活』/『平行植物』/『夢先案内猫』/『残虐行為展覧会』/『大泥棒紳士館

【今月の紙】アーニーズ(四六Y 70K・ピンク)良質のパルプを使うことで、やさしい仕上がりになりました。表面はツヤ、裏面がザラッとした感触。ストライプもほのかなファンシーペーパーです。封筒、レター、書籍、包装紙などに最適。色数は全8色。4色印刷も可能です。


2021年、工作舎は創立50周年を迎えます。記念出版として、本をめぐるエッセイ「標本箱」をまとめた『最後に残るのは本』(工作舎編)を6月下旬に刊行いたします。その応援企画として、新刊目録「土星紀」の選りすぐりのバックナンバーをご紹介中。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
土星マークの出版社、工作舎です。創業は1971年、おかげさまで2021年に50周年を迎えます。サイエンス、アート、人文、文学などの書籍を刊行。丁寧な本づくりを心がけています。https://www.kousakusha.co.jp/