見出し画像

45分間に7本以上の新規依頼が届くライターが「ライターになる方法」をお教えします

ライターになりたい人は増えているにもかかわらず、ライター業界の人手不足は解消されていません。

原因はいくつかあります。

・「ライターになりたい人」の存在が、クライアントに認知されていない

・「この人に依頼したい!」という決め手を持つライターに、クライアントが出会えていない

・ライターになりたいけれど、誰にどうPRすればライターになれるか分からないまま活動する人が多い

そして、原稿報酬についても誤った相場観を持っている人が多いです。

「3000文字の原稿1本、画像選定1枚、署名入りの原稿を執筆したら、 どのくらいの報酬をもらえると思いますか?」

という問には、かなりの人が相場の半分以下の金額を答えるという現状があります。

私のもとには、たった45分間で新規依頼が7,8本も届くことがあります。

体力と時間の問題で、すべての仕事をお受けすることができなくなってきています。

その一方で

「ライターって本当に食べていけるのですか?」

「仕事はそんなにあるんですか?」

というご質問も多いです。

私は「ライターになりたい人」と「ライターを探すクライアント」が、お互いの存在を知り、仕事につなげていくためのヒントをお届けするセミナーを実施しています。

・8月26日(月) 18:30~21:30 大阪・心斎橋エリアベンチャーズ

・9月7日(土) 13:15~15:15 大阪・本町 日宝御堂ビル

詳細は、ストアカ、Doorkeeperにてご案内しています。

お申込みも、こちらのURLからどうぞ!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ライター志望、フリーランス志望、地方在住で起業を考える皆さんに向けたセミナー運営費用などに使わせていただきます。

11
大阪のライター、プロ資格マニア、コンサルタント、怖い話研究家。保有資格は30(2020年2月現在)。 書籍「ライターが○○をしたらこうなった」「今日から病気も友達」「フリーランスが資格を取るための時間活用術」発売中。 メニエール病仲間のためのサイトも運営中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。