見出し画像

「ホットのレモンティーを追加で」


前回のnote:「はい、普通に美味しい焼き芋ですね。」

GRADの直前に書いた、樋口円香の感謝祭noteです。
これを読む前に読むことをおすすめします。



2021/04/20追加 樋口円香GRADの内容を含みます


◯椅子の背もたれに

GRAD編 シーズン4の話です。


番組で失敗してしまった円香と話そうと、カフェで待ち合わせます。

ダウンロード (29)

プロデューサーは円香にどう声を掛けてやるべきか悩みます。
一番伝えるべきことは?


ダウンロード (30)

ダウンロード (31)

プロデューサーは無難な雑談をして場を和ませようとしますが、バッサリと遮られてしまいます。


ダウンロード (32)

謝罪から入る円香。


ダウンロード (34)

結果的には成功だと、フォローするプロデューサー。


ダウンロード (36)

進め方は失敗だったと、
彼女のチャンスを潰したと、自責する円香。


ダウンロード (38)

場を少しでも柔らかくしようと、食べながらにしようと料理に手をつけるプロデューサー。


ダウンロード (39)

「食べながら適当に聞き流してもらいたい」と前置きして、口を開く17歳の女の子。


ダウンロード (45)

苦労はそれほどしていない。

努力も必要な分しかしていない。


ダウンロード (46)

ダウンロード (47)

だから、軽くて、重さを持たない。

黙っていれば、あのアイドルの子のチャンスを潰すこともなかった。


ダウンロード (41)

目の前のアイドルが、言葉を紡いでいる。
それをプロデューサーが「食べながら適当に聞き流す」わけにはいきません。


ダウンロード (42)

「俺の独り言だと思って聞き流してもらえたら」と、迷いながらも口を開く成人男性。



ダウンロード (23)

これで正しいのか自信はないけど、彼は彼なりに、独り言を尽くします。

お互いにお互いが言葉に誠実すぎるから、必死に言葉を紡ぐし、それの不完全さを理解しているから、「聞き流してくれ」と前置きを置くのです。


ダウンロード (44)

ダウンロード (25)

しかし、樋口円香は聞き流すべき目の前の成人男性の独り言を、プロデューサーが私に向けた言葉だと受け取りました。

言葉に誠実な分、誠実に言葉を紡ごうとする大変さ、真摯さを理解しているのです。

目の前の成人男性がどれだけ慎重に言葉を紡いでいるか、嫌というほど理解しているのです。

そんな男性が考えに考えて、発言した独り言を受け取らない選択はないのです。


先程の樋口円香の発言は目の前にいる成人男性を、プロデューサーだと肯定する発言です。

今ここにいる17歳の女の子、樋口円香をアイドルだと肯定する発言です。


ダウンロード (26)

プロデューサーは、ここでの食事代を払うと持ちかけます。

前にも断られた口止め料としてです。


ダウンロード (27)


でも、今の樋口円香に断る理由はありません。


ダウンロード (28)


そこにいるのはプロデューサーで、ここにいる樋口円香はアイドルなのだから。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
シャニマスと少しだけV