見出し画像

運動音痴でも、スポーツで世界一になれる。

今西琴音

幼い頃から運動ができずバカにされていた私は
テクノスポーツでは世界一になることができました!!

好きだけどスポーツができない人、苦手な人。
HADO というスポーツを知っていますか?

シューティングゲーム × ドッジボール

二つ混ぜ合わせたイメージで、
赤青の2色に分かれて、相手にエナジーボールを当てて点をどちらが多くとったかというゲーム感覚のスポーツになります。

私はこのテクノスポーツHADOを広める為のHADO CREW(ハドークルー)というものをやっています✨

HADOができる店舗やイベントなどにHADOCREWがいますので、体験したい方、練習相手がほしい方などCREWに言っていただければお手伝いなどさせていただきます。

↓↓『HADOができる店舗』↓↓
HADO ARENA がある情報はこちらから


私はHADOCREWであって選手ではありませんが、世界でたった1人の "ある" 称号を持っています。

👑HADO CREW QUEEN👑

これはHADO world cup2018にて
CREW最強決定戦を行い 1位を獲った時の称号です。
見事にこの称号を獲得したわけですが……

実は私、"運動音痴"なんです。


事は私の小学生時代の過去話になります…

私には兄が2人いるのですが、
その2人とも陸上をやっていました。
足がとても速くスポーツをこなす兄達を見ながらゲームに耽っていました。

その頃から足も遅く、全く運動ができなかった私。

兄からは「遅いぞ!」など言われ
兄妹でリレーの練習をしたり、走り込まされたり…
我慢ができなかった私は涙ながらも
「お兄ちゃん達とは違うんだよ!」
と言って泣いて抗議した(らしい)のです笑  

そんな小学生時代から中学高校と全てにおいてスポーツが得意とせず、鈍くさい日々をおくっていました。

..

...

そんな私がどうして世界一になれたのか?

何故 HADO はできたのか?


答えは、
ゲームが好きだからこそHADOができた。

運動としてHADOを捉えているのではなく、ARのゲームとしてプレイをしているからこそ熱中し、ゲームを攻略しようとするゲーム脳になっていたわけです。

ここでタイトルに戻りますが
HADOというスポーツは、

運動音痴でも全く関係なく強くなれる

というわけなんです
※人それぞれのびしろはあります

私は声を大にして言います。
男女関係なく、年齢関係なく、運動経験関係なくここまで楽しめるスポーツはなかなかありません。
運動音痴のインストラクターがここにいますよ!

少しでもお悩みの方は是非1度HADOをやってみてください。

必ず「楽しかった」、そう言っていただける様に私も全力で一緒に楽しませていただきます😇
貴方の思い出に残りますように。

是非、ご興味がございましたら私が担当する HADOアカデミーへお越しください💓
そこで一緒にHADOの基礎からやっていきましょう♪

完全予約制なのでご注意下さい!

LINEで簡単に予約することができます!
是非友達追加してみて下さい✨

繰り返しますが、運動音痴でも大会で1位になれます。
それを証明したCREWがいます。
女の子だって強いんだぞー!笑

「楽しい」という気持ちが貴方を強くします。

店舗でおまちしております(*´-`)


今西琴音🍊Kotone Imanishi


Twitter


Instagram



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今西琴音
いまにし ことね✨『運動音痴のスポーツインストラクター』/ AR×スポーツ HADO のCREW /実況・MC・ナレーション