見出し画像

【ことばのなかま #10】 三浦愛果

こんにちは!一般社団法人ことばです🌿

メンバー紹介投稿「ことばのなかま」

第10弾の今回は、僕らの夏休みProject 2020年度実行委員長を務める 三浦愛果の紹介です!!

文教大学支部のメンバー、支部長の経験をいかし、320名の大学生を引っ張っていく実行委員長に挑戦します。

今回は、彼女がリーダーを務める「僕らの夏休みProject」(以下:僕夏)にスポットを当てて話を聞きました💭

10年目の節目の年にふさわしい、力強いいとかの想いをぜひ感じてください🌙

────────────────────

画像1

私は中学、高校生活を狭いコミュニティの中で何かに熱中することもなく、ただ「小学校の先生になりたい」という夢だけを追いかけて漠然と過ごしてきました。

大学に入学して、私の目に飛び込んできたのは、子どもたちのとびっきりの笑顔と”全ては子どもたちのために”という言葉の載ったチラシでした。

僕夏には、私が高校時代にぼんやりと描いていた“大学生活でやりたいこと”が詰まっていました。

チラシをもらった翌日には、大学のミーティングをしている教室を訪ねていました。

支部の先輩の、子どもたちとの話をとても楽しそうにする姿、議題について真剣に語る姿を見て「私もこの人たちとこんな風に活動したい!」と思うようになり、子どもたちの笑顔の輝きに吸い込まれるように入会を決めていました。

──────────────────────

画像2

僕夏には様々な学生が所属しています。

人がたくさん集まっていれば当たり前のように思いますが、育ってきた環境、日々学んでいる学問も違えば、趣味や特技も違います。

でも、そんな何もかも違う学生たちが「子どもたちのために何ができるか、何を届けるのか」と1つのVISIONに向かって活動しているのが僕夏です

全メンバーに強みがあり、その人にしかできない子どもたちとの関わり方をしてくれます。メンバーは全員が同志であり仲間です。

画像6

僕夏の活動は、関わる人の人生に大きく影響するものだと思います。

大学生の中には「僕夏に出会って自分の納得する進路がみえた」「ここでは素の自分でいられる」そんな風に感じている人も多くいます。

保護者の方から、うちの子は「僕夏のお姉ちゃんと同じ大学に行って教師になる」って去年から言ってるんですよ、と教えて頂いたこともあります。

子どもたちの将来の夢に影響を与えられる僕夏の力は本当に大きいです。僕夏に関わるいろいろな人にとって、なくてはならない居場所です。

──────────────────────

画像3


実行委員長になったきっかけは、子どもたちへの想いにあります。

私は、「子どもたち一人ひとりが自分のことを大切に思ってほしい」と思っています。

幼少期の私は、親や周囲の大人からの評価を気にしてばかりの子どもでした。

自分なりに頑張っていたことを認めてもらいたい。出来ない苦手なことは褒められるためにどうにかして隠さなきゃいけない。

親や、周りの人にはバレバレだったかもしれませんが、ずっと「良い子」でありたかった私は自分を取り繕っていました。

そんな私を救ってくれたのは、小学校の恩師です。

恩師は私のことを認めてくれました。誰にも見てもらえていないと思っていたことを、ずっと見てくれていました。

この時の安心感や「そのままの私でもいいんだ」という感覚を今でも覚えています。

関わっていく子どもたちにも自己肯定感が低かったり、何かさみしい気持ちを抱えていたり、悩んでいる子は少なくありません。

私が恩師に助けてもらったように、僕夏の学生が子どもたちを1人の人間として接し、寄り添ってあげることができれば、少しの自信が付き、自分のことを大切に思えるはずです。

やりたいことに打ち込めたり、周囲に流されることなく声をあげることができると思います。

子どもたちに夏の楽しい思い出だけでなく、自分のことをちゃんと見ていてくれるお兄ちゃん・お姉ちゃんを届けたいと思うようになって、実行委員長になりました。

画像5

──────────────────────

画像4

東日本大震災をきっかけに発足した僕夏。

東日本大震災が起こった時、私は小学5年生でした。今は大学3年生です。

時の流れのはやさへの驚きと同時に、僕夏が9年間続いたことへの感謝の気持ちでいっぱいです。

10年目の僕夏は、学生も子どもたちも自分に自信や誇りをもって、自分のことを大切にできる人で溢れる団体になります。

常に上を見ながら自分の声に、想いに、忠実に活動していきたいと思います。

10年目も日々邁進して参ります。
応援よろしくお願いいたします。

──────────────────────

最後までご覧いただきありがとうございました!

いとかの子どもたちを大切に思いながら活動していく熱量が伝わっていたら嬉しいです🍎

次回は、公認会計士・税理士として監事を務める、安藤智洋を紹介します!!

「ことばのなかま」も残り数回になってきました!ぜひ次回もご覧ください🙌

=====================
寄付はこちらからお願いします👣

https://syncable.biz/associate/kotoba/vision

【一般社団法人ことば】
公式サイト🌱: https://www.kotoba.life/
Twitter🕊: https://twitter.com/child_and_place
Facebook🗣: https://m.facebook.com/kotoba.life/
note📒: https://note.com/kotoba_2016_life
YouTube📹: https://youtu.be/9DuPT5Ty0zU

【僕らの夏休みProject】
公式サイト🌻: http://bokunatsu.com/
公式twitter🕊: https://mobile.twitter.com/bokunatsu_pj
公式Facebook 🗣: https://m.facebook.com/bokunatsu.pj/
公式instagram📸 : https://www.instagram.com/bokunatsu
=====================

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります!ありがとうございます🌿
17
ことばは、「本音で生きられる若者を増やす」がミッションの一般社団法人です。自分の人生を1からデザインする楽しさであふれる社会を目指して活動しています。

こちらでもピックアップされています

ことばのなかま
ことばのなかま
  • 11本

当法人に関わる理事・スタッフなどのメンバーを紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。