百句鳥
彩流社/木原善彦『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』話。ご存じトマス・ピンチョン作品を始め、数多の小説を翻訳してきた木原氏が国内外の実験的小説を紹介。全18章かけて多様な既訳・未訳作品がとりあげられており、各章の終わりに設けられたオススメ欄もおいしい点。欲しい書籍が増えた。
百句鳥
彩流社/木原善彦『実験する小説たち 物語るとは別の仕方で』話。ご存じトマス・ピンチョン作品を始め、数多の小説を翻訳してきた木原氏が国内外の実験的小説を紹介。全18章かけて多様な既訳・未訳作品がとりあげられており、各章の終わりに設けられたオススメ欄もおいしい点。欲しい書籍が増えた。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
百句鳥

お読みいただき、ありがとうございます。 今後も小説を始め、さまざまな読みものを公開します。もしもお気に召したらサポートしてくださると大変助かります。サポートとはいわゆる投げ銭で、アカウントをお持ちでなくてもできます。

百句鳥
文章書き(小説・書評)。読み方はホクト。掌編小説の共著『みちのく怪談傑作選2011』『クトゥルフ神話掌編集2016』『ガラシャ物語全集』等。翻訳小説を特に愛好。マジックリアリズムを追究する2次元オタク。『艦これ』を崇拝。テキストは小説・書評・雑記、トークは掲載情報・書籍メモ等。