見出し画像

人の心を壊しておいてお前はそのことにすら気づかない。その罪深きお前にどうしたら罪の意識を産み付けられるのだろう。お前に心を壊されてから、私は彷徨うしかなかった。漂うしかなかった。お前を壊して私も死にたいと思った。でも、お前は死なないし、私が死んでもお前は何も感じないだろう。だから、私は生きることに決めた。

#散文詩
#詩
#罪
#ハピネス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
他と異なるIDを持つあなたはアイデンティティを既に内包している。写真や詩など、心に留めたものを記しています。

こちらでもピックアップされています

散文詩
散文詩
  • 74本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。