はじめまして。
見出し画像

はじめまして。

半年前までは、今の自分をまったく想像できませんでした。

今年6月、私の妊娠を家族みんなが喜んでくれました。

7月。妊娠悪阻で入院している私に、夫が離婚して欲しいと面会に来ました。

妊娠12週。名前も考えていました。

夫は心を固く閉ざしていて、話し合いは終了しました。

この写真はあの日、ひとりになった私がデイルームから撮ったものです。

その三日後、流産しました。

不妊治療を経て授かった、とても大切な命。

みんなに祝福されるはずだった命。

離婚を受け入れつつも、産声の響く病棟で不安で孤独で眠れない日々。

絶望感、申し訳無さ、不安、孤独、悲しみ、やるせなさ、悔しさ、無力感、虚しさ、祈り…色んな気持ちを感じました。

流産から、弁護士さんに委任して離婚手続きを進め、10月末に合意しました。

両親、家族、友達、大学の恩師、先輩、産婦人科の医師、看護師、ケースワーカー、職場の上司、同僚、お寺の僧侶さん、お稽古事の先生や先輩方、保健師さん、心療内科の先生、サークルの皆さん。

振り返ったら、たくさんの人が私を支えてくれました。

おかげさまで、今、生きられています。

今、私の目標は、

『ひとりじゃない。あなたはひとりじゃない』

そして

『じぶんのこころを大事にしてください』

この2つを伝えることです。

もし今、一人で、あの日の私と同じように、自分を責めて孤独に苦しむ人がいたら、支えになりたいです。

つらい事って、なかなか人に聞けないし、言えません。

支えてくれる人が周りにいないこともあると思います。

そもそも助けを求めずに、自分を責めて追い込む人もいると思います。


私の経験が、たとえば暗闇の中にあるほんの一つの小さな星なら、きっとどこかに、また違う経験で苦しむ星もあるんじゃないか。

そんな星が、お互いに離れていても、見つけ合うことで、一緒に朝を待とう。

そんな願いを込めて。


私もまだまだ心を立て直している中ですが、その経緯も含めて伝えたいと思います。


《私のノートのルール》

悲劇で終わらせないこと。

一つ一つの経験を否定しないこと。

無理しないここと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。今日も良い日でありますように。
30代女性。過去にあった色んなことを忘れずに、かつそれに囚われずにやっていきます。笑って生きたい。これから正解にしよう、をモットーにいきます。