見出し画像

高齢者の仕事について、、、 そして若者へ

こんにちはジョブアップの川名です。
今回は高齢者の仕事について、、、、です。(最後は若者向け)

お仕事ハウスには毎日数名から数十名の老若男女の方々がお店に仕事相談にきます。お仕事ハウスはこちら↓↓↓


当然仕事ですし、来店してくださる一人一人に対し、真摯に対応し、本気で寄り添い、本気で悩みを解決しようと思って対応しております。

しかし、こんな世の中になったのも多少影響ありますが、全ての人の要望には応えられない!というのが現実でして、来店した方全ての方の悩みは解消できません。

それは当社の力不足という点も大いにあると思いますが、高齢の求職者の方の要望もかなり強気でむちゃな要望があります。

今日はそんな高齢者の方達についてnoteで少しお伝えします。

高齢者の仕事は本当に難しい

50代、60代、70代になると本当に企業から採用をしてもらえる確率が爆発的に
少なくなってきます。
そこをしっかり認識しないと、一生仕事が決まらない状態に陥ります。
しかし、僕が会社でシニアの方達の話をきていると、、、、

・体がきついから楽で、給料がいい所で働きたい
・今まで営業だけだったから事務をやってみたい
・世間体があるから、ブルーカラーは嫌だ
・パソコンできないけど、机上で働きたい

こんなことをいう方達がまだまだいるのが現実でした。
なんでなんだろう?こんなのあるわけないのにと内心思いますが、まだまだ自分の考える理想の仕事に就きたいと思う方が非常に多いのが現実でした。

今選べる仕事はほとんどない

正直今現在、50歳、60歳、70歳で仕事を探している時点で、自由に選べる職種はなかなか限られます。
それは今を否定しているわけではありませんが、今までの仕事の取り組み方や生き方によって今現在の環境に直面しているケースが多いので、正直自己責任的な要素も見受けられます。
そんな状況下で、何も妥協せずに仕事に就けるはずもないので、正確に自分の今の置かれている環境を認識して、ある程度の妥協をした仕事探しとお勧めします。

今あるシニア向けの仕事はこちら

タクシー業界
ベットメイキング(最近止まっています)
事務所清掃・ビル清掃
ごみ収集
介護
保険(50代)
配送
警備・管理人
飲食(一部)

実際仕事を選ばなければこんな感じの仕事があります。
(この仕事たちも、外国人がどんどん日本に入ってくると、どんどん仕事を取られていき、上記仕事すらなくなっていきます。)

がむしゃらに努力するか、出された仕事を選ぶしかない

上記のとおり、シニアがすぐに働ける職種というのは本当に限られます。
過去に経営していたとか、特殊技術を持っているとか、人脈が半端なくあるとか
そういう状況でなければ、ほぼほぼ理想の年収や理想の仕事、理想の職種には着くことができないでしょう。

今から頑張っても遅いのか? 
そこはそんなことないと思います。人は誰でも変われるので、今から努力すれば
0パーセントということはありませんが、年齢を重ねれば重ねるほど狭き門がまっています。

今から英語を勉強をしてもいいかもしれない
パソコンやITスキルを習得してもいい
高齢者ユーチューバーとかも面白いかもしれない


やれることはあると思いますが、それなりに自分の覚悟と行動変化が必要になってくるのでそれができるのは一部の人だけです...

今若者たちに言ったおきたいこと

今若者たちに言っておきたいこと!

それは、
年齢を重ねれば重ねるほど、転職の幅(チャンス)がなくなる
ということです。
いつかどうにかなるという考えは本当になく、ある程度自分の人生の
設計図を書いておかないと、将来大変になるということです。

20代〜25代
若く元気もあるので、企業側も若い才能を必要とする。
26代〜30代
だいぶ経験値も付いてきているので、引く手数多!転職チャンス!
31代〜35代
昇格・転職チャンス!自分経験が結果ですぐ示せる年代!
36代〜40代
自分の役割や方向性を示す時期!ここで結果を出すべき期間!高額転職チャンス!
41代〜45代
全てを注げる年代!昇格組も転職組もここで人生をかけるべき!
46代〜50代
それなりの役職についている世代!中途半端な役職にいるとこれから下降傾向
50代以降
基本これから事を成せるのは一握り!転職も厳しく、会社のお荷物になりうる

若い時に経験した事とそこで得た仲間やコミュニティ形成が将来の人生を大きく
左右します。
今だけをみるのではなく、未来をみながらいきましょう!
そしてどんどん自己投資して、自分のレベルを上げることが今後の市場で
生きていく基本路線です!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
♪( ´▽`)
11
川名廣季 19歳から19年間勤務した会社でNo2ずーっと経験した後、2019年経営者としての人生を歩む決断をしました。 人生一回なので、安定の生活よりも挑戦の生活を選択しました。 会社のこと・事業のこと・日本のこと・家族のこと・趣味など日々感じることを発信していきます。