新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

■ やなせひろし プロフィール

はじめまして、やなせひろしです。

私は、1985年愛知県岡崎市生まれ。はじめの一歩の漫画を読んで、12歳からボクシングを始めました。高校ではインターハイ、国体の舞台を経験しました。

"人と関わる仕事がしたい"という想いから鍼灸師の学校へ進学。免許取得後は、鍼灸接骨院で働きながらデイサービスの立ち上げや健康体操教室の経験を積み、28歳で"高齢者の笑顔をつくる"会社、株式会社GOBOUを設立しました。

介護の世界を少しでも明るく、そして、面白くしたい。

自ら大人のための体操のおにいさん・ごぼう先生となり、座ったままできるイス体操の先駆者としてメディア出演、コンテンツ制作、講演会・研修会などを行っております。

高画質イベント

人生の大先輩である方々を、笑顔に、ポジティブな気持ちにできる事にとてもやりがいを感じています。全国各地の介護事業所で、ごぼう先生の体操が活用されています。

ごぼう先生としての活動を7年間継続し、見えてきたことがあります。それは、「表情が変われば、動きも変わる」です。体が弱り元気がなかった方も、家に引きこもっている方も、心が動いたらみるみるうちに表情が変わり、身体が動き出す姿を見てきました。

11年間、高齢者の心の動かし方を学んできました。

画像2

2017年 2018年 2019年 講演、研修、イベント実績 年間60講演

ここまでは、今までの実績のお話です。

株式会社GOBOUは、体操を中心とした会社。

ここからは、2020年7月に創業した、株式会社やなせひろしのお話。


デジタルの活用で、恋する100歳を増やす会社です。

数年前から、ごぼう先生の講演で、「スマホを早めに持つことも、大きな介護予防ですよ!」と伝えてきました。その時、さぁー。と会場の心が離れていく、会場が冷たくなる感覚がありました。シニアにとって、デジタルに対する苦手意識を肌で感じてきました。

「体操のごぼう先生が、スマホって言葉を話さないでよ。」という、無言の圧。だから、もう一つの会社を創業しました。茶色の作務衣姿ではない服で活動できる会社です。

画像5

自社制作:スマホやさしいノート

新型コロナウイルス以降、地域のシニアの姿勢が変わりました。

スマホ所持率の逆転現象が起きたからです。同じ世代に、「スマホ所持が、介護予防に繋がる」が伝わるようになってきたのです。これは、本当に大きな変化だし、逃したらいけないと危機感を感じました。

意識が変わっても、残るものがあります。それは、不安と心配です。

スマホを持つと、スマホを使う。全く異なります。


株式会社やなせひろしは、シニアが抱える、テクノロジーに対しての不安を心配を軽減させるプロフェッショナルを目指し、邁進していきます。

シニアのためのスマホのおにいさん。やなせさん。

どうぞ、宜しくお願い致します。

画像4


企業の想いはこちら

スマホやさしいノートはこちら

ビジネスYouTubeサポートはこちら

YouTubeプロモーションサポートはこちら


スクリーンショット 2020-08-17 21.59.50


お問い合わせ やなせひろし ホームページ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
チャラチャラッチャチャーチャー!(ドラクエ)
6
恋する100歳を増やす|やなせ ひろし。高齢者の笑顔をつくる|GOBOU。共に代表取締役。 100万人のおじいちゃん、おばあちゃんとイス体操「ごぼう先生」https://gobou-sensei.com 動画作成、企画「やなせひろし」https://koi100.com